Record China

ヘッドライン:

米軍高官ら、GSOMIAめぐり韓国に圧力=韓国ネット「日本を説得するべき」

配信日時:2019年11月14日(木) 5時50分
拡大
2019年11月13日、韓国・京郷新聞によると、米韓連合司令官が「日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)が終了すれば誤解を与えかねない」と懸念を示した。

記事によると、ロバート・エイブラムス米韓連合司令官兼駐韓米軍司令官は12日、京畿道平沢市の米軍基地で行われた記者会見で「GSOMIAは原則として日韓両国が歴史的な隔たりを差し置いて地域の安全と安保に集中しているというメッセージを持つ」と述べた。その上で「安定的で安全な東北アジアをつくる上で、われわれが共にすればもっと強くなれる」とし、「GSOMIAがなければそれだけ弱いという誤ったイメージを与える恐れがある」と強調したという。誰に誤ったイメージを与えるのか具体的には明かさなかったというが、記事は「北朝鮮、中国、ロシア」とみている。

マーク・ミリー統合参謀本部議長も11日、「日米韓が肩を並べることでさらに強くなる」とし、「韓国を日米から引き離すことで得をするのは中国と北朝鮮」と述べていた。記事は「米軍の高官らがGSOMIAの延長を検討するよう相次いで韓国政府に圧力をかけている」と分析している。

これに韓国のネットユーザーからは「米国は日本を説得するべき」「なぜ米国が韓国の外交と安保に口を出すの?」「米韓同盟は必要だと思うけど内政干渉はしないで」「まずは安倍晋三首相になぜ輸出規制をしたのか問い詰めるべきでは?」「米国は日本に謝罪と輸出規制の撤回を求めるべき。韓国のことを信じられない国と軍事情報の交換なんてもっての外」「GSOMIAの破棄決定は日本の輸出規制によるもの。日本が先にけんかを売ってきたのに、米国はなぜ韓国にばかり圧力をかけるの?」など反発の声が相次いでいる。

一方で「必要な部分では結束が必要だ。米国は日本に原子爆弾を投下したけど、日米は同盟を結びいい関係を築いている。韓国はいつまで過去に縛られているのだろう。北朝鮮や中国のことを考えると今は米国や日本とのつながりが必要だ」「韓国は米国や日本ほどの強国だろうか?そうであれば自主国防が可能だろうけど、今は輸出や安保など全ての面で米国や日本に頼っているのだから、プライドは捨ててGSOMIAを延長するべきだ。北朝鮮や中国、ロシアは韓国を狙っている」などとGSOMIAの必要性を訴えるコメントも見られた。(翻訳・編集/長居)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング