日本には“勝算”あり、「しつこく絡む韓国」を譲歩させるための措置―中国専門家

配信日時:2019年8月8日(木) 11時40分
日本には“勝算”あり、「しつこく絡む韓国」を譲歩させるため―中国専門家
画像ID  1115694
中国メディアの証券時報は7日、日本政府が韓国を正式に輸出優遇国から除外したことについて、「日本が韓国に正式に『別れ』を切り出す」と伝えた。資料写真。
中国メディアの証券時報は7日、日本政府が韓国を正式に輸出優遇国から除外したことについて、「日本が韓国に正式に『別れ』を切り出す」と伝えた。

記事は、「日本は容赦なく韓国経済の命脈である半導体産業を締め付けた」とした上で、背景について中国の専門家の見方を紹介した。

中国外交学院中日韓協力研究センターの苗吉(ミアオ・ジー)研究員は、日本がG20大阪サミット直後に対韓輸出規制を発動した理由について、「日韓の貿易上の争いは長く続いていた。G20前にややその緊張が緩和しただけ」とした上で、「一つは日韓の外交日程が過密で、(タイミングを)構っていられなかったこと。もう一つは、日本の政策リストに当時すでに(韓国への)措置が載っていたこと」と解説した。

苗氏はまた、「日本が韓国の半導体産業を選んで打撃を与えたのは、慎重に検討を重ね、勝算をつかんだ上での判断だ」とし、「工業製造分野において、日本はかねてより韓国を競争相手としてきた。特に、韓国が米中欧と自由貿易協定(FTA)を結んでからは、日本の危機感は大幅に増した。しかし、日本が韓国企業に対抗するカードは限られていた。半導体はその中で、最も勝算の高いカードだった」と説明した。

その上で、「日本は今回、制裁という棒を振るい、しつこく絡んでくる韓国を慰安婦や徴用工の問題で譲歩させようと考えた。今回の貿易措置によって韓国との真の“戦後の総清算”を行おうとしたのだ」と指摘。「日韓の問題の根本は、単純な貿易問題ではなく歴史問題であり、着地点も歴史問題である」とした。

さらに、韓国が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄をにおわせていることに触れ、「日韓の問題が日中韓、日米韓の協力に与える影響は大きい。中国が積極的に進める3カ国協力には再び暗雲が立ち込めた。米中貿易問題が未解決であり、米国が日韓に対して“棒を振るう”という状況下で、日中韓の協力は非常に重要。同時に、米国が推し進める安全保障政策にも難しさを与えることになるだろう」との見方を示した。(翻訳・編集/北田
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 8

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2019/08/09 14:21)

    韓国を締め付けて、「もういい断交だ!」って方向に韓国世論を誘導しようとしてんだよ。そしてそれは文在寅が望む事であり、黒電話が祖父から受け継いだ「冠の紐」計画に沿う事でもある。 安倍の祖父である岸信介は金日成と仲が良かったし、統一教会の教祖・文鮮明とも仲が良かった。安倍家と統一教会が昵懇だってのは周知の事実だし、そういや文鮮明と文在寅は同じ「文」姓だな、とかね。 これまでも安倍政権のピンチに合わせて北が弾道弾を打ち上げている。今回の参院選が自民にとってイマイチだったけど、さっそく打ち上げ始めたしね。 まあ、知れば知るほど無縁だとは思えないんだよね、黒電話と安倍と文在寅は。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • geo***** | (2019/08/09 14:04)

    韓国では今回の貿易管理の強化を徴用工問題に対する報復と捉えている。これは文政権が日本が報復するだろうと思っていたということを示しており、彼らが対日攻撃の意図をもって慰・婦や徴用工を扱っていることを図らずも露呈している。浅はかでお目出たい日本のリベラルは韓国に乗せられて韓国に同調している。私は政府の発表が常に正しいとは思わないが、今回については日本政府の発表に嘘はないと思う。北は核保有国への道を着々と進んでおり(しかもその核は日本に向いている)文政権はそれに期待をかけ援助を惜しまない反日政権である。1995年のオウムによるサリン事件もオウムの単独犯行ではなく北と連携の上で行われたと私は疑っている。麻原が隠れたのも北による救出を待っていたのではないか。麻原は北に利用されただけであることを悟り発きょうしたのではないか。当時北には核がなくサリンを弾頭につむ積りで効果を実験したのではないだろうか。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • DRO***** | (2019/08/08 15:17)

    >着地点も歴史問題  永遠のスパイラルで、決して交わらないのは自明。没ということで。 今回の出来事、日本人全員が、狂信的行動の隣国民の存在を周知した。 呆っとした日本人にはプラスで、格好の契機、良い薬となった。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事