香港映画も窮地に!中国が台湾版アカデミー賞「金馬奨」不参加、アンディ・ラウ主演作など出品取り下げ

配信日時:2019年8月8日(木) 14時0分
香港映画も窮地に!中国が台湾版アカデミー賞不参加、アンディ・ラウ主演作など取り下げ
画像ID  1115660
7日、中国当局が“台湾のアカデミー賞”こと金馬奨(台北金馬影展/ゴールデン・ホース・フィルムフェスティバル)への中国本土からの出品と映画人の参加を取りやめたことで、複数の香港映画も出品を取り消している。
2019年8月7日、中国当局が“台湾のアカデミー賞”こと金馬奨(台北金馬影展/ゴールデン・ホース・フィルムフェスティバル)への中国本土からの出品と映画人の参加を取りやめたことで、複数の香港映画も出品を取り消している。

その他の写真

金馬奨は中国語映画を対象にした、中華圏を代表する映画祭の一つ。今年で56回目を迎え、11月23日に台北市で授賞式が行われる。

7日、中国国家新聞出版広播総局(広電総局)の機関紙「中国電影報」が、中国からの金馬奨参加を取りやめることを表明した。理由は明らかになっていないが、昨年の授賞式で中台の対立問題が浮き彫りになったことが要因の1つとの見方もされている。

これに伴い、香港映画の動きにも関心が高まっている。もし中国で未上映の場合、金馬奨に出品すれば今後、中国で上映禁止になる恐れもある。また、映画の出演者が中国で「観察リスト」入りし、事実上の封殺状態になることも考えられ、香港映画に関わる映画人や俳優は現在、選択を迫られる状況となっている。

中国で上映中のアンディ・ラウ(劉徳華)とルイス・クー(古天楽)の主演映画「掃毒2/天地対決」、同じくルイス・クーとレオン・カーフェイ(梁家輝)主演の「追龍2:賊王」、さらにニック・チョン(張家輝)主演の「使徒行者2:諜影行動」は7日、それぞれ出品取り消しを表明。これ以外に、今月開幕の第76回ベネチア国際映画祭でコンペティション部門に出品されるアニメ映画「継園台七号」(No.7 Cherry Lane)を含む複数の作品は態度を表明しておらず、今後の決定が注目されている。(Mathilda
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事