ドラマ「長安十二時辰」が好評、原作小説の人気に火をつける

配信日時:2019年8月7日(水) 17時10分
画像ID 
ネットドラマ「長安十二時辰」の最終回が近づくなか、結末を先に知りたくなった一部のファンが徹夜で原作を読み始めており、小説の販売量が増加している。読書アプリの書旗小説と天猫図書が発表した最新データによると、「長安十二時辰」の過去1カ月の電子書籍閲覧者数は先月より818%増、紙の本の販売量は862%増となっている。洗練された衣装・メーク・小道具とやや時代がかった優雅なセリフにより、本作は口コミ評判、視聴回数ともにピークを迎えている。原作がベストセラーになっていることは、本作が一部のファンだけではなく広く好まれていることの証明でもある。北京青年報が伝えた。

スマホでの読書や本の購入が便利になるにつれて、原作の販売も勢いづいている。これまでも、「人民的名義(In the name of people)」や「白夜追凶(Day and Night)」などの映像作品が人気となったことで、原作小説もネット上で売り切れたり、セット販売が行われたりする状況が起きていた。電子書籍の閲覧は、ネットユーザーが見ているドラマの原作を読む最良の手段になっている。(編集YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<