Record China

ヘッドライン:

韓国、日本行き航空旅客数、7月第4週から前年割れ続く―韓国メディア

配信日時:2019年8月7日(水) 22時40分
拡大
2019年8月6日、韓国KBSワールドラジオによると、韓国で日本製品の不買運動が広がる中、日本行き航空旅客数が7月第4週以降、前年割れが続いているという。

それによると、韓国の仁川空港と金浦空港の日本行き航空旅客数の合計は、日本の輸出規制強化が発表された7月第1週は13万8384人で、昨年の12万6472人より1万人以上増えた。

7月第2週も13万1028人で、昨年の12万8247人を上回った。

こうした状況に変化が見え始めたのが7月第3週で、今年は13万8624人、昨年は13万8493人とほぼ同水準となった。

7月第4週は13万3756人で、昨年の14万3408人に比べて1万人近く減少した。

8月第1週は状況がさらに進み、今年は12万5554人で、昨年の14万1917人より1万7000人近く減少したという。(翻訳・編集/柳川)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

韓国で高まる反日運動、日本路線の航空券売り上げ38%減、自治体も不買に賛同、地下鉄に「安倍首相糾弾」ステッカー

日本の対韓輸出厳格化を受け、韓国内で反日運動が高まっている。日本路線の航空券売り上げは激減し、自治体連合は日本製品の不買運動などに賛同。ソウルの地下鉄には安倍首相糾弾のステッカーまで登場した。写真は仁川国際空港。

Record China
2019年8月3日 11時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング