Record China

ヘッドライン:

中国のネット通販取引額が10大市場の合計超える=「これには私もかなり貢献している」―中国ネット

配信日時:2019年10月3日(木) 8時20分
拡大
1日、中国・電商在線は、中国のネット通販取引額が世界の10大市場の合計を上回ったと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真はネットショッピングの配送センター。

2019年10月1日、中国・電商在線は、マッキンゼー・アンド・カンパニーが最近発表した2019年中国デジタル消費者報告によると、中国のネット通販取引額が世界の10大市場の合計を上回ったと伝えた。

この報告によると、中国の電子商取引の市場規模は1兆5000億ドル(約161兆円)に達し、中国の小売市場の約4分の1を占めたという。また、中国のネット通販取引額は、中国に続く10大市場の合計よりも多くなった。

特に、三線都市およびそれ以下の地方都市のモバイルネットユーザーは6億人を超えており、こうした地方都市のユーザーが消費に大きく貢献しているもようだ。地方都市のユーザーは割引商品に対してはそれほど敏感ではないが、特別提供品や限定商品などを好む傾向が強いという。

これに対し、中国のネットユーザーから「中国の荷物配達は速くて安いからね」「オフラインで買うと高いからだよ」「オフラインでは近所で買えないものがオンラインでは買えるからだよ」「私は果物もネットで買う。実店舗は高すぎるから」「基本的にネットで買い物して実店舗にはほとんど行かない」などのコメントが寄せられ、多くの人がネット通販を利用している様子が伝わってきた。(翻訳・編集/山中)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング