韓国市民団体が安倍首相に謝罪「良き隣人に」=韓国ネットユーザーは激怒

配信日時:2019年8月7日(水) 11時20分
韓国市民団体が安倍首相に謝罪「良き隣人に」=韓国ネットユーザーは激怒
画像ID  1115213
6日、韓国・YTNは、韓国の保守市民団体「母部隊奉仕団」のチュ・オクスン代表が日本の安倍晋三首相に謝罪したことが物議を呼んでいると伝えた。写真はソウル日本大使館前の慰安婦像。
2019年8月6日、韓国・YTNは、韓国の保守市民団体「母部隊奉仕団」のチュ・オクスン代表が日本の安倍晋三首相に謝罪したことが物議を呼んでいると伝えた。

記事によると、同団体は1日にソウル市鍾路(チョンノ)区の日本大使館前で日韓関係回復に向けた4回目の記者会見を行い、「文在寅(ムン・ジェイン)政権と与党が反日感情を助長している」と主張。韓国政府に対し、国民と日本政府への謝罪を要求した。

同団体は「韓国政府と与党は来年の総選挙に向けて反日感情をあおっている」「日本は絶対的な友好国だ。韓国は日本と仲良くし、共に発展しなければいけない」と主張した。また、朴槿恵(パク・クネ)政権時代の日韓合意と1965年の日韓請求権協定で「旧日本軍の慰安婦問題と徴用工問題は解決した」とし、「国家間協約を手のひら返しするのは、国家としてあるまじきことだ」と指摘。さらに「文大統領を徹底的に懲らしめなければ、韓国はセウォル号のように沈没する」「文大統領が頭を下げて日本に謝罪しなければ絶対に解決できない」などとも述べたという。

また、チュ代表は「私たちの指導者が無知で日韓関係の全てを破壊している。国民の1人として心から謝罪します」と安倍首相に謝罪し、「良き隣人となることを国民は願っている」と呼び掛けたという。

2013年に設立された同団体は、朴前大統領の弾劾当時に朴槿恵支持団体として知られるようになった。記事は、「慰安婦被害者女性に日本を許すよう強要したり、セウォル号事件の遺族らを批判する発言をしたりするなど、これまでにも何度も物議を醸している」と説明している。今回の会見の様子はチュ代表のYouTubeチャンネルで公開されているという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「現政権が間違っているとしても、まず日本が韓国にとってどんな存在だったのかを考えるべきだ」「母部隊だって?同じ母親として恥ずかしい。名前を変えてほしい」「『母』と言いながらこんなことをして、子どもに恥ずかしくないのか?」「監獄に入った前大統領を支持しているという理由で、現大統領の全てを否定し日本の首相に謝罪するのか。どうしようもないな」「そんなに安倍首相が好きなら日本に行けばいい。韓国に住んでいながら何をやっているのか」「同じ国の人だということが恥ずかしい」など、激しい批判の声が殺到している。(翻訳・編集/麻江)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 15

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • geo***** | (2019/08/09 14:49)

    「母部隊奉仕団」のいう「文在寅政権と与党が反日感情を助長している」、「日本は絶対的な友好国だ。韓国は日本と仲良くし、共に発展しなければいけない」「私たちの指導者が無知で日韓関係の全てを破壊している。」には全く同感である。韓国の多数派が支援に回ることを期待する。問題の少女像については、いかに問題があるかは、反対の立場に立ってみれば分かる。日本の反韓団体が韓国の評判を傷つける目的で「終戦時朝鮮半島から帰国する際韓国で暴行された哀れな日本の少女像」を作って世界中で展示したら、当然韓国は展示の中止を日本に要求するであろう。それが事実かどうかは問題ではない。まして事実でなかったら韓国人は平静でいられるか。日本への反感を募らせるだろう。少女像は政治そのものであって芸術ではない。「表現の不自由 日本人は知った」、「戦前の言論統制を想起させた」(朝日9日「声」)は全く問題を理解していない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • DRO***** | (2019/08/08 02:39)

    厚意は厚意だが。前大統領関係というところで、止めときます。 マジ、反日異常教育の国民のたった一人覚醒したところで、 刷り込まれた他の集団マインドが、反転するようなことは、夢ありません。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 五郎助***** | (2019/08/08 02:28)

    外交とは、現在と未来の実利を得るために行うためのものである。むろん自国内での自由と平等を重んじるのが最善だ。しかし、大を取り小を捨てるのが政治。とても嫌な話だが、どうしようもない現実だ。 外交は、臥薪嘗胆の喩え通りに我慢しなければならないこともある。日本は太平洋戦争以後は、アメリカと主従関係とも揶揄される融和を選んだ。その結果、アジア最大の軍事同盟を結び、平和を得ることができた。 そしていま、国際情勢の厳しさに抗するため、憲法を改正しようとしている。どちらも現実に応じ、実利を得るための行動だ。 翻って韓国はどうか。理想だけで南北統一に盲進し、感情だけで国を動かしている。友好を破壊し、融和を好む理性的な人々を罵倒する。そして政治家は利己的ナショナリズムを利用している。それは破滅の舞を踊るのと同じだ。 日本は冷徹に文政権を衰弱させるべきだ。そして実利を得なければならない。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事