Record China

ヘッドライン:

河野外相も使い手だった!日本で「偽中国語」再び勢いづく―中国メディア

配信日時:2019年8月6日(火) 17時50分
拡大
2019年8月5日、中国メディアの「PingWest品玩」は、日本で「偽中国語」が再び勢いづいていると報じた。

偽中国語とは、日本語の文章から漢字以外の文字を省き、漢字を置き換えることで、中国語のように表記した文章のことだ。

記事はまず、偽中国語の例文として、日本のサイトに掲載された内容を引用し、「今日の夜横浜中華街で夜ご飯。大変美味しかった」という日本語は、偽中国語では「今日夜横浜中華街夜飯、大変美味」となることを紹介した。

その上で、偽中国語が日本のツイッターで本格的にはやりだしたのは2016年の冬頃からだとした。

そして、「再び勢いづいている」例として、「河野太郎外相も偽中国語の隠れた使い手だった」とし、同外相が今年4月、訪問先の北京から、ツイッターに「本日北京滞在最終日。午前中、李克強国務院総理表敬、日中外相会談(少人数)、日中外相会談(全体会合)、日中外相昼食会、記者会見、以後、荷物整理、帰国」と投稿したことを紹介した。

また、6月にはLINEで「偽中国語スタンプ」が販売されたこと、7月には日本全国に展開する大手漫画専門書店、同人ショップチェーンの「メロンブックス」が、中国版ツイッターの微博(ウェイボー)で偽中国語を用いた投稿を連投し、注目を集めたことなども紹介した。(翻訳・編集/柳川)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

台湾総統の日本語ツイートに中国語で返す安倍首相、ハッシュタグ大喜利が中国でも話題に

台湾の蔡英文総統がツイッターに投稿した東日本大震災の犠牲者を追悼する日本語のメッセージに対し、安倍晋三首相が中国語で返信したこと、さらに、安倍首相の投稿にリプライでハッシュタグを作る大喜利が流行していることが、中国でも話題になっている。資料写真。

Record china
2019年3月13日 17時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング