Record China

ヘッドライン:

日本人観光客だけ“超特価”料金?韓国地方自治体の垂れ幕が物議

配信日時:2019年8月6日(火) 22時50分
拡大
2019年8月5日、韓国・京郷新聞は「日本の経済報復に対抗して韓国の自治体にも不買運動が拡散している」と報じた。

記事によると、鯨海旅行船を運営する韓国南東部の蔚山(ウルサン)南区都市管理公団が今月4日に「船着場と近隣の鯨博物館広場の2カ所に『8月の日本人観光客は超特価料金815万ウォン(約71万円)』と書かれた垂れ幕を掲げた」と明らかにした。この船は約3時間かけて蔚山沖合を運航しながら海で泳ぐ鯨を見る観光商品で、垂れ幕には「超特価料金案内」「団体割引未」という言葉も書かれている。公団側は「815万ウォンは光復節(8月15日、日本からの解放記念日)を意味する象徴的な金額」と説明している。

ただし、実際に日本人観光客に対し815万ウォンの料金を適用することはなく、韓国人と同じ料金(大人1人2万ウォン、20人以上の団体客1人1万5000ウォン)をもらうという。

しかしその後「すべての日本人観光客を排斥する必要があるのか」との指摘を受けた公団側は、垂れ幕の「日本人観光客」に「安倍に従う日本人」を付け足したという。関係者は「光復節を控え日本製品不買運動に関する国民的情緒を表現した。不買運動を広報するもので、日本人観光客を排斥するわけではないため誤解しないでほしい」と呼び掛けたという。

この他にも、韓国南西部にある光州(クァンジュ)では市議会が最近、庁舎の外壁に縦3.5メートル、横22メートルの「日本製品不買」の垂れ幕を掲げたという。

これを受け、韓国のネット上では「自治体の反日運動が全国に広まりますように」と肯定的な声が上がっている。一方で「これは違うと思う。韓国が好きで訪れる日本人を追い出すのがいい方法かな?」「韓国が好きで来る人にまでこんなことする必要はないと思う」「安倍政権が問題であって、観光客までひとくくりにしてどうするの」「こういうパフォーマンスはやらない方がいい」「政治家が憎いのであって、国民は憎くない」など警鐘を鳴らす反論コメントも多数寄せられている。(翻訳・編集/松村)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

韓国で高まる反日運動、日本路線の航空券売り上げ38%減、自治体も不買に賛同、地下鉄に「安倍首相糾弾」ステッカー

日本の対韓輸出厳格化を受け、韓国内で反日運動が高まっている。日本路線の航空券売り上げは激減し、自治体連合は日本製品の不買運動などに賛同。ソウルの地下鉄には安倍首相糾弾のステッカーまで登場した。写真は仁川国際空港。

Record China
2019年8月3日 11時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング