博物館に来館者から苦情「飲食ダメ、子どもが走るのもダメ、客は神様じゃないのか!?」=中国ネットの反応は…

配信日時:2019年8月6日(火) 0時20分
博物館に苦情「飲食ダメ、子どもが走るのもダメ、客は神様じゃないのか!?」―中国
画像ID  1114763
中国の広東省博物館で来館者が記したメッセージが物議を醸している。中国メディアの人民網などが3日付で伝えた。
中国の広東省博物館で来館者が記したメッセージが物議を醸している。中国メディアの人民網などが3日付で伝えた。

問題のメッセージは、今月17日に館内のゲストブックに書かれたもの。その内容は、「あれこれ注意してくる」スタッフへの不満で、「物を食べるのもダメ。子どもが走り回るのもダメ!子どもに自由に気持ちを解放させないのか」「走るのがどうした?飛び跳ねるのがどうした?恐竜に触るのがどうした?ダメなのか!?」などとつづられ、「客は神様じゃないのか!?子どもは違うのか!?」と訴えている。

博物館は1日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントでゲストブックの書き込みの写真を公開し、「博物館でマナーを守ることは他人への尊重でもあります。マナー順守は子どものうちから(教えましょう)」などとツイートした。

ネットユーザーからは、「じゃあ、子どもが展示物を壊したら親が責任を取るんだな?」「博物館は飛び跳ねる場所ではありません」「走り回りたければ草原に行け」「来館者は神様ではない」「飲食は専用スペースで。子どもは分からないとしても、親も分からないのか?」など、批判の声が殺到している。

また、人民網が3日午後8時から開始した「博物館で子どもが飛び跳ねるのを許すべきか」というネットアンケートには、5日午後2時の時点で13万8000人ほどが回答。93.6%が「許すべきではない。マナーを守るべき」を選び、「安全なら良い」(6.4%)を大きく上回った。コメント欄では、「こんなアンケートをするとは」「『良い』を選んだ人がいるというのが驚き」などが多くの共感を集めていた。(翻訳・編集/北田
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事