Record China

ヘッドライン:

韓国外相、日本の決定は「域内の繁栄に深刻な脅威」―中国メディア

配信日時:2019年8月4日(日) 15時40分
拡大
2019年8月4日、中国のニュースサイトの海外網は、韓国康京和(カンギョンファ)外相が3日、タイ・バンコクで開かれた東南アジアのメコン川流域5カ国の外相らとの会談で、日本が2日、韓国を貿易手続きの簡素化などの優遇対象となる「ホワイト国」のリストから外すことを決めたことについて「域内の繁栄に深刻な脅威となる可能性がある」と述べたと報じた。

韓国・聯合ニュースの報道を引用して伝えたもので、韓国外交部の発表によると、康氏は「日本の一方的、恣意(しい)的な輸出規制措置は不当だ」とし、「域内の繁栄に深刻な脅威となる可能性がある」と主張した。

康氏はまた、タイ訪問を終え仁川空港に到着後、記者団に「強制徴用や貿易紛争の問題の解決に向けて日本側と対話を続けていかなければならない」とし、「日本側と公式、非公式のスケジュールがある」とも述べたという。(翻訳・編集/柳川)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

韓国で高まる反日運動、日本路線の航空券売り上げ38%減、自治体も不買に賛同、地下鉄に「安倍首相糾弾」ステッカー

日本の対韓輸出厳格化を受け、韓国内で反日運動が高まっている。日本路線の航空券売り上げは激減し、自治体連合は日本製品の不買運動などに賛同。ソウルの地下鉄には安倍首相糾弾のステッカーまで登場した。写真は仁川国際空港。

Record China
2019年8月3日 11時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング