Record China

ヘッドライン:

中国海軍6隻が宮古海峡を通過=中国メディア「わが国2番目の空母艦隊か」

配信日時:2019年8月4日(日) 9時50分
拡大
1/2枚
遠洋訓練を行っていた中国海軍の6隻からなる艦隊が1日、西太平洋から宮古海峡を通過して東シナ海に戻った。中国メディアの新浪網は2019年8月3日付記事で、同艦隊は中国にとって2番目の空母艦隊になる可能性があると紹介した。

その他の写真

1日に宮古海峡を通過したのは、052D型ミサイル駆逐艦2隻(西寧、太原)、054A型ミサイル護衛艦3隻(荊州、大慶、日照)および901型快速総合補給艦の呼倫湖(モンゴル語地名のホロン・ノールにちなむ艦名)の6隻。

6隻のうち、西寧と大慶、日照、呼倫湖は現在、北海艦隊に所属しており、7月25日に宮古海峡を通過して西太平洋に出た。残りは東海艦隊の所属で7月27日に宮古海峡を通過した。双方は西太平洋で合流して訓練を行った。6隻の艦隊として東シナ海に戻り、今後はそれぞれの母港に戻るとみられる。

記事は、訓練に参加した補給艦が903A型ではなく、901型だったことが注目されていると紹介。903A型補給艦は多くの場合、駆逐艦と護衛艦からなる艦隊に配備されるが、901型の場合には空母艦隊に配属されるのが通例という。

中国は、ウクライナから購入した空母を改造した遼寧を12年に就役させている。また、2隻目で国産としては1隻目となる空母は現在、7回目の試験航海を行っている。前回の試験航海では、航空機の離着艦も行われたことから、試験航海も最終段階に入ったと考えられるという。

記事は特に説明していないが、空母は搭載機による大きな攻撃力を持つが、その反面、防御面では弱いという問題がある。そのため、護衛のための駆逐艦などと行動を共にする。空母を中心とする艦隊には「空母打撃群」などの呼称もある。

記事は、中国初の国産空母を完成させるまでには、まだ最終的な工程作業が残っているが、空母が就役する前に護衛艦隊の訓練を行っておけば、さらに急速に、さらに有効に海軍2番目の空母艦隊を編成することができると強調した。(翻訳・編集/如月隼人)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

中国メディアが自国の艦上戦闘機・開発「失敗史」を紹介―離着艦性能、燃料消費、エンジンなどで問題続出

中国メディアの新浪網は、中国が艦上戦闘機の開発で失敗を繰り返した事例を紹介する記事を発表した。写真は中国のJ-8II戦闘機。艦上戦闘機への改造が試みられたが、試作機は「こんな戦闘機は存在しない」と酷評するしかなかったという。

Record China
2019年7月1日 7時10分
続きを読む

わが国は早期警戒機開発で「専門家多数が犠牲」になる猛努力、機種数は米国を抜き機数も世界第二―中国メディア

23日、新浪網は自国の早期警戒機を紹介する記事を掲載。開発に当たって搭乗した「電子の専門家30~40人が犠牲になる」などの状況すら出現するほどの猛烈な努力を重ね、機種数が米国を抜き、機数は世界第2位と誇らしげに論じた。写真はKJ-2000早期警戒機。

Record China
2019年4月26日 17時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング