中高生でも原子炉を作ろうと思えば作れるのに、どうして世界の大半の国は核兵器を作らないのか―中国メディア

配信日時:2019年8月5日(月) 7時30分
どうして世界の大半の国は核兵器を作らないのか―中国メディア
画像ID  1114474
3日、新浪軍事は、「中高生でも原子炉を作ることができるのに、世界の多くの国は原子爆弾を作ることができないのか」とする記事を掲載した。資料写真。
2019年8月3日、新浪軍事は、「中高生でも原子炉を作ることができるのに、世界の多くの国は原子爆弾を作ることができないのか」とする記事を掲載した。

記事は、第一の理由として「作りたくても恐ろしくて作れない」点を挙げた。1968年に米国、英国、ソ連が自らの核兵器の独占状態を確保すべく、数十カ国を巻き込んで「核兵器不拡散条約」を締結したと紹介。これ以後、核兵器の製造計画を進めたインド、パキスタン、南アフリカ、北朝鮮、イランなどはこの条約によって厳しい制裁を受けることになったとしている。

第二の理由は、実際に核兵器に使える材料の調達が難しいことを挙げている。原理自体は「通常の爆薬によって核の材料を超臨界状態に至らしめ、制御不能な連鎖式核分裂を引き起こす」という複雑なものではないが、実際に作るには自然界に存在するウラン鉱石中わずか0.7%というウラン235が必要であり、その生成には高い技術力と膨大なコストに加え、数年、数十年という時間がかかると説明した。

第三の理由は、核実験が難しいことだとしている。記事は、たとえ原子爆弾のサンプルを作り出したとしても、核弾頭の小型化や実践配備を実現するには何度か実験をする必要があるが、世界の半数以上の国は面積が20万平方キロメートルと狭く、核実験を行うための十分な空間を確保することができないと解説している。

記事は、これら3つの理由以上に重要なのが政治的な要素であり「大部分の国が、核兵器を持つ現実的な必要性を持っていない」とした。その例として、ウクライナやカザフスタンはソ連解体当時、世界第3、第4の核の弾薬庫を持っていたが、大国に挟まれる中で膨大な核兵器を持つことは自らを危険に晒すことになるなど、自国には核を持つメリットがないと判断し、放棄する道を選んだことを紹介した。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 8

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • geo***** | (2019/08/11 13:35)

    (追伸)このようなコメントが19世紀人だと言っているのである。19世紀人は、帝国主義の植民地獲得競争の弱肉強食時代を生きているので、力を正義と信じ、世界征服を無邪気に夢見た時代である。中国は150年遅れで、19世紀の理想を無邪気にも再現しようとしているのだ。21世紀人は、こうした経験を経てこれらが全て無意味かつ危険と悟っている。中国人は核の攻撃を受けたことがないので核兵器の本当の恐ろしさ(疑惑の南京大・殺どころではない本物の無差別の皆殺し)を分かっていない。本格的核攻撃を受ければ相手を核で全滅できたとしても自分も全滅を免れない。生き残れると思うのは錯覚である。核戦争が1発ですむと思うのは甘い。核攻撃の直撃を避けられたとしても中国は数十年にわたり人の住めない土地となる。中国人の夢は”夢のまた夢”となる。日本人は、核攻撃を受けるような事態になったら、もうじたばたしても無駄だと知っているのだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アンギ***** | (2019/08/07 18:50)

    核保有国の「脅し」が利かなくなるからっしょ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • geo***** | (2019/08/06 11:33)

    この問題についてだいぶ前に書いて削除されてしまった(500以上の投稿の全てを削除された)ので再度ここに書く。特殊相対論ではないが、私は地球上の人間が”同じ”時代を生きていると考えるべきではないと思う。また時間の進む速さも場所によって異なる(時に逆進することさえある)と思う。日本、北欧、西欧、カナダ、オーストラリア等の最先進地域は21世紀にある。アメリカは未だ1960年ごろにある(年齢で言えば1945年には45歳で日本は12歳だったが、敗戦で日本は一挙に先進国に追いついた=一挙に年を取ったのに対し、その後もアメリカはほとんど年をを取らなかった)。韓国は1930年ごろにある。ロシアは1910年ごろにある。中国は1890年ごろにある。因みに中東は18世紀にある。それぞれの地域の人の頭がその時代の頭であることが分かれば(先進地域の人は過去の人の頭を理解できる)、中露が核兵器や領土に拘るのが分かる。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事