韓国人教祖に判決、フィジーで過激カルト活動「パスポート没収」「ビンタで悪魔払い」―中国ネット

配信日時:2019年8月2日(金) 23時30分
韓国人教祖に判決、フィジーで過激カルト活動
画像ID  1114158
2日、中国の動画メディア・梨視頻の微博アカウントは、韓国のあるカルト教団の指導者に6年の禁固刑が科されたと報じた。
2019年8月2日、中国の動画メディア・梨視頻の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントは、昨年逮捕された韓国のカルト教団の指導者に6年の禁固刑が科されたと報じた。

報道によると、グレースロード教会の申玉珠(シン・オクチュ)被告は「朝鮮半島で飢饉が起こる」と予言し、2014~17年に約400人の信者とオセアニアのフィジー共和国に移住。現地では信者らのパスポートを没収し帰国不可能にした上で、毎日午前7時から午後6時まで無償の肉体労働などに従事させた。申被告は「悪魔払い」と称して信者に罵声を浴びせながらビンタを繰り返すなどの暴行を日常的に行い、信者の髪を切り落としたりすることもあったという。

梨視頻は脱出した信者らのインタビュー動画を掲載。元信者らは「目が開けられなくなるほど殴られ、自分で歩くこともできなくなった。全身けがとアザだらけになり、暴行を受けた人の中には後遺症で死んでしまった人もいた」「現地で信者らは家畜のように扱われ、病気になればごみのような扱いを受けた。地獄そのものだった。財産を全て寄進してしまったので、脱出できたとしても生活はおぼつかない」などと話した。

昨年7月、申被告は仁川国際空港で身柄を確保され、その際「罪だなどとは決して認めません」「われわれの儀式は聖書にも記されています」などと発言していた。7月29日、裁判所は暴行や児童虐待、詐欺など9つの罪で同氏に有罪判決を下し、禁錮6年を言い渡した。

英メディアは同教団について、「韓国のキリスト教流派の中では邪教とされているが、フィジーではGR Groupという会社を起こして建築や農業といった事業を行い、フィジーの首相から表彰を受けるほどだ」と説明。脱走者した元信者からは、「現地政府は同教団に適切な対応をし、縁を切ってほしい」という声が上がっているという。

この報道に対し、中国のネットユーザーからは「6年の禁固刑って。反省させるつもりはあるの?」「『悪魔払い』?この教祖こそ悪魔だろう」「楽園のフィジーを地獄に変えてしまうなんて」「理解できないけど、どの時代にもカルトにハマってしまう人はいるよね」「この人なら監獄の中でも布教してしまいそう」などといった声が上がっている。(翻訳・編集/岩谷)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ali***** | (2019/08/03 08:59)

    男性にはビンタで、女性にはレ イ ●で悪魔払いするんだろ。韓国人だもの。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 仙田 ***** | (2019/08/03 06:08)

    正直な話日本のカルト宗教にもいい加減辟易している、例えば強引な勧誘をして断ると執拗な嫌がらせをする創価学会、おまけにこんなカルト教団の手先が政権与党というのは最悪である、またテロリスト集団オウム真理教等どうして破防法を適用して粉砕しておかなかったのか理解に苦しむし、また幸福の科学等いつオウム真理教化するかわからない異常な集団である、その他不気味なカルト宗教はいくつもあるが、とにかくこういった「信教の自由」を悪用しているような連中を野放しにしておくのは止めていただきたい、またいつ「地下鉄サリン事件」のような凶悪なテロ行為を働くか知れたものでは無いのだから
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 日本が***** | (2019/08/03 00:29)

    韓国そのものが、最近はカルト化してるからな(笑)。 一番心配しているのは、「日本に強硬な報復をする。」とか言ってるけど、何するつもり?。逆恨みしてるようだが、こいつらそのうち日本に来て、テロを起こしたり、無差別殺人でも起こしやしないかと懸念している。特に安倍首相は身辺警護をより強化しておかないと、本当に韓国人から被害を受けかねないと思う。しかも、万が一そんな事件が起きたら、犯人は韓国で英雄扱いされることになるので、余計心配なんだよなあ。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事