日本の女性就業者が3000万人を突破=「仕事をするのはいいことだ」「日本は良い発展を遂げている」―中国ネット

配信日時:2019年8月2日(金) 18時40分
日本の女性就業者が3000万人を突破、中国ネット「日本は良い発展を遂げている」
画像ID  1114102
1日、新京報は、日本の女性就業者が3000万人を突破したと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。
2019年8月1日、中国メディア・新京報は、日本の女性就業者が3000万人を突破したと伝えた。

記事は、「日本の総務省が30日に公表した19年6月の労働力調査によると、女性の就業者数は3003万人で、前年同月比で53万人増加。比較可能な1953年以降、初の3000万人超えとなった」と紹介。日本政府は、高齢化に伴う労働力不足を補うため、2020年までに25歳から44歳の女性の就業率を73%にまで上げ、指導的地位に占める女性の比率を30%にまで高めることを目標としていると伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーから「仕事をするのはいいことだ」「日本は良い発展を遂げている」「男が頼りにならないから仕事せざるを得ないでしょう」などのコメントが寄せられた。

しかし、「もともと日本は出生率が低いのに、これではさらに低くなるだろう」「この結果、さらに子どもを産みたくなくなるということですね」などと指摘するユーザーも少なくなかった。

ほかには、「中国人女性は仕事と家庭の両方を顧みなければならないから、本当に大変」「日本だけじゃない。女性は世界中で弱者のグループだ」「フェミニストは女性の就業率が高くなると仕事と家庭で女性が大変と言う。就業率が低いと男女不平等で偏見だと言う」などの意見もあった。(翻訳・編集/山中)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 仙田 ***** | (2019/08/02 19:05)

    自分は勿論男であるが女性の社会進出は大いに喜ばしいと思う、ただ残念なのは無理矢理女性を登用しようと焦る余り、例えばデマを飛ばすしか能がない「東大卒元エリート官僚」の肩書きだけが取り柄の片山さつきを大臣にしたり、自分も女なのに女性やLGBTを差別する「人間のクズ」杉田水脈や、ただ「元アイドル」というだけの低能淫乱バカ女今井絵理子や、自分こそ「疑惑の総合商社」生コンババアの辻元清美や、自分こそゲス不 倫で母親と幼い子供を引き裂いておいて児童福祉を訴える「日本一の恥知らず」山尾志桜里のような輩が国会議員になったりするのは願い下げである、あくまでも意欲能力の高い人望のある女性をお願いしたいものである
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事