中国人訓練生が操縦する小型機が墜落、離陸前に「機体交換」を求めるも断られ―米国

配信日時:2019年8月1日(木) 17時40分
中国人訓練生が墜落死、離陸前に「機体交換」を求めるも断られ―米国
画像ID  1113871
中国メディア・北京青年報の1日付の記事によると、米国で訓練中の中国人男性が操縦する小型機が墜落。男性と教官の女性が死亡した。資料写真。
中国メディア・北京青年報の1日付の記事によると、米国で訓練中の中国人男性が操縦する小型機が墜落。男性と教官の女性が死亡した。

28日午後2時40分(現地時間)ごろ、中国人の邱裕(チウ・ユー)さんが操縦する小型機が、米テキサス州のデントン空港を離陸。80分余り後に同州のゲインズビル付近で墜落した。邱さんはその場で死亡が確認され、同乗していた米国人女性教官のNorrisさんは病院に搬送されたものの助からなかった。

邱さんにとってこれが試験前の最後のテストフライトだった。デントンの航空学校US Aviation Academyは中国南方航空と提携関係にあり、邱さんは訓練生として派遣され2年間学んだ。試験をパスすれば、パイロットになっていたはずだった。

事故後、邱さんの交際相手の女性が邱さんの微信(WeChat)アカウントにログインしたところ、邱さんがフライト前に機体の安全性に疑問を持ち、交換を求めたものの、拒否されていたことが分かった。邱さんの微信にはNorrisさんから「きちんと修理されていれば気にならないわ。多分使えるのはあれだけだから」とのメッセージが残されていた。

同校内部の報告によると、墜落した機体は4月26日からの3カ月間で10回修理されていた。ランディングギアの故障が4回、左エンジンのエンストが3回、計器の故障が1回などだったという。十分な整備がなされないまま酷使されていた可能性もある。

今回の事故を受け、同校は「われわれは国家運輸安全委員会(NTSB)、米連邦航空局(FAA)、地元警察と共に調査を行っている。今回の事件に深い悲しみを感じている」としているという。(翻訳・編集/北田
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/08/01 19:06)

    >邱さんがフライト前に機体の安全性に疑問を持ち、交換を求めたものの、拒否されていたことが分かった テストフライトの途中でチャットなどしているから事故が起きるのだ。実は操縦中もスマホを操作していたのではないのか?もしそうなら巻き添えで死んだ女性教官が哀れでならない。 >試験をパスすれば、パイロットになっていたはずだった 不幸中の幸いは、飛行機に乗客が乗っていなかったことである。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事