韓国メディア、C・ロナウド報道で痛恨のミス!?「契約違反騒動が大逆転か」と中国メディア

Record China    2019年8月1日(木) 11時41分

拡大

韓国での試合に欠場したクリスティアーノ・ロナウドに対し同国内で批判が高まっている問題で、韓国のテレビ局MBCの番組が物議を醸している。

韓国での試合に欠場したクリスティアーノ・ロナウドに対し同国内で批判が高まっている問題で、韓国のテレビ局MBCの番組が物議を醸している。中国のスポーツメディア・新浪体育は7月31日付の記事で「韓国メディアが大ミス」と伝えた。

26日に韓国で行われたユベントスとKリーグ選抜の試合にロナウドが出場せず、会場ではブーイングが鳴り響き、ロナウドを挑発する「メッシコール」も起こった。報道によると、事前の契約でロナウドを45分間以上出場させることが定められていたといい、詐欺容疑でロナウドらを訴える動きも出ている。

ところが、韓国MBCがこのほど放送した番組内で、契約書から引用したという「ロナウドが出場しない場合はペナルティー(違約金)が適用される」という英語の一文で、ロナウドの名前が“Christiano Ronaldo”(正しくはCristiano Ronaldo)と誤って記されていたという。

契約書自体が間違っていたのか、番組が引用する過程でスペルを間違えたのかは定かではないが、新浪体育は「契約違反騒動が大逆転か?」とし、「名前が間違っていたのならば、ロナウドが欠場したことは契約違反には当たらない。ユベントスにはそんな選手はいないのだから」と皮肉交じりに伝えている。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携