波瀾万丈!日本生まれの「無国籍」男性、苦労の末ようやく中国国籍を取得―中国メディア

配信日時:2019年8月2日(金) 12時40分
波瀾万丈!日本生まれの「無国籍」男性、苦労の末に中国国籍を取得
画像ID  1113810
12日、新民晩報は、日本で生まれて中国にやってきた男性が数奇な運命から「無国籍」状態となり、中国国籍を取得するまでの波瀾万丈の過程を紹介した。
2019年7月12日、新民晩報は、日本で生まれて中国にやってきた男性が数奇な運命から「無国籍」状態となり、中国国籍を取得するまでの波瀾万丈の過程を紹介した。

当事者である男性の周(ジョウ)さんは1998年3月に日本で生まれた。両親は在日中国人で、未婚だった。その後両親が別れ、母親は日本国籍の男性と結婚した。周さんはこれに伴い日本国籍を持ったが、生後3カ月となった同年6月に実の父に連れられて上海にわたり、以後一度も日本の土を踏んでいない。中国では無戸籍の状態が約7年続き、2005年6月にようやく父親が登記を行って戸籍を取得した。

しかしそれから8年後の15年、母親が自らの利益のために上海市の静安公安分局に「虚偽の出生証明を提出した」と告白。調査を経て、16年1月に周さんの出生と戸籍の登記が取り消された。さらに、17年5月には上海の日本総領事館から周さんの日本国籍離脱が宣告される。これにより、周さんはどこの国籍も戸籍も持たない人物となり、就学も就労もできない状況に陥ったという。

そこで、同公安局に陳情すると、関係部署が日本の警察当局に両親の日本での身分照会を依頼。紆余曲折を経て日本から返ってきた答えは「周さんの出生時、生母が持っていたのは日本での長期居住許可のみであり、永住者の資格は持っていなかった」というものだった。実父はすでにこの世を去り、母親は調査への協力を拒否したため、周さんの国籍認定は暗礁に乗り上げた。

無戸籍のため何もできない周さんを救うため、公安局の陳情処理部門は各関係当局と協議を重ね、なんとか解決の道を模索。過去に例はなかったが、生後間もなく実父と中国に戻ってきたことを鑑み、国籍認定の部分を飛び越して特殊事例の手順に基づき処理することを決定すると、18年9月4日に周さんはついに待望の戸籍を手に入れ、晴れて正式な「中国人」となることができたという。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事