和菓子に魅せられ日本にやってきた中国人、そこで出会ったのは…

配信日時:2019年8月2日(金) 16時50分
和菓子に魅せられ日本にやってきた中国人、そこで出会ったのは…
画像ID  1113676
日本で頑張る中国人にインタビュー。来日のきっかけや日本人との触れ合いについて、横浜で和菓子屋を開いた熊雪梅さんに話を伺った。
日本で頑張る中国人にインタビュー。来日のきっかけや日本人との触れ合いについて、横浜で和菓子屋を開いた熊雪梅(ゆう・せつばい)さんに話を伺った。

四川省出身の熊さんが和菓子と出会ったのは12年前の2007年。中国で働いていた時、来社した日本人のお客さんが手土産で持ってきた芸術性の高い和菓子「上生菓子」を見て、その美しさに一瞬で心を奪われた。同僚たちからも感嘆の声が上がり、熊さんは「こんなにも人を感動させる和菓子を自分も作ってみたい」と思ったという。

運命の出会いから2年後の2009年春、熊さんは日本に留学した。まずは横浜の語学学校で日本語を身に付けてから、同市内の製菓専門学校に入学し、お菓子づくりを学んだ。卒業後は和菓子事業を国際展開する会社に入り、働きながら和菓子づくりに励んだ。その後も、日本各地を回って味の研究をしたり、和菓子屋で短期修行したり、勉強会に参加したりと武者修行し、腕を磨き続けた。


そして2018年10月1日、ついに念願の自分のお店「菓心 雪梅庵(かしん ゆきうめあん)」を横浜市鶴見区にオープンした。「日本でお店を開いたのは本場の味がつくりたかったから」と熊さん。「ちょっとしか勉強していないのに中国でお店を出す方がいますが、それは納得いかなくて。本物は時間をかける必要がある。日本人が食べても絶賛されるくらいにならないと」と話した。


お店には熊さんの和菓子づくりの原点となった上生菓子のほか、色とりどりの美しい和菓子が並ぶ。大きな栗がゴロっと入った「栗蒸し羊羹」や季節のフルーツを丸ごと閉じ込めた「フルーツ大福」など、すでに多くのファンを持つ人気商品も誕生した。



開店までには苦労もたくさんあった。「日本で外国人初の和菓子屋でしたので、すべてが大変な思いをしました」と当時を振り返る。莫大(ばくだい)な保証金を求められたり、保証人が必要と言われるなど、店舗探しから困難の連続だった。ようやく店舗が決まり、オープンに向けて準備を進めていたが、開店1カ月前に投資経営ビザが下りず、「散々だった」という。
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • こごと***** | (2019/08/02 17:21)

    東京人な私は、概していわゆる関東風を好むのだが、こと桜餅に関しては長命寺より道明寺が圧倒的に好きである。(どうでもよくて御免;;) でも、この記事の写真にある長命寺。桜の花の塩漬けがちょこんと添えてある。なんとも可愛らしい。これ、きっと旨いだろうなと・・・ 日本の和菓子、特に生菓子職人というと取り上げられる人はほぼ男性オンリーである。そういうのを見慣れてしまっている自分には、この人の作る”作品”には非常な優しさ・愛らしさを感じる。女性ならではなのだろうか? 日本人もどしどし女性が進出して、今までとちょっとひと味違うなと思わせるような物を作ってもらいたいものである。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事