Record China

ヘッドライン:

日本の中国人ビザ申請電子化は韓国との関係がこじれたから?真相は…―中国メディア

配信日時:2019年7月31日(水) 20時10分
拡大
2019年7月31日、中国メディアの毎日経済新聞は、日本が観光目的で来日する中国人に発給する査証(ビザ)の一部について、インターネットでの申請受け付けを30日から始めたことについて、「韓国との関係がこじれたから?真相は…」とする記事を掲載した。

記事はまず、河野太郎外相が29日の記者会見で、中国人観光客に発給するビザの一部について、30日からインターネットでの申請を受け付けると発表したことを紹介した。

対象は期間中1度だけ入国可能な団体客向けビザで、滞在期間は15日以内。在北京日本大使館で先行して始め、その後、他の在中国公館への申請分や個人向けなどに拡大していき、2020年4月からは電子ビザの導入も予定していることを伝えた。

記事は続いて、この情報が伝えられると、中国のSNS上では「韓国人が来なくなったから政策を変えた?」「韓国との関係がこじれたから、中国人のことを考えるようになったんでしょ」などの声が上がっていると紹介した。

記事はこうしたSNS上での反応に対し、日本の今回の動きは「ほかの重要な面を考えて判断したものだ」と指摘。2018年の訪日外国人数で国・地域別トップは中国であり、初の800万人を突破して前年比13.9%増の838万100人となったこと、今年上半期(1~6月)に日本を訪れた外国人旅行者の日本での消費額は前年同期比8.3%増の2兆4326億円で過去最高となり、うち中国が8950億円と最も大きく貢献したこと、中国人へのビザ発給件数は13年の約97万件から18年の約545万件まで増加し、外国人に対する総発給件数の8割近くを占めていることなどを紹介した。(翻訳・編集/柳川)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

日本が中国人観光客向けビザのオンライン申請の受付開始=中国ネット歓迎、「韓国人が来なくなったから?」の声も

中国人観光客の訪日ビザについて、日本の外務省がオンライン申請の受付を開始するとの情報が中国でも伝えられた。ネットユーザーからは歓迎する声が上がり、日本旅行の魅力を問うネットアンケートも行われている。写真は中国人観光客。

Record china
2019年7月30日 16時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング