日本の中国人ビザ申請電子化は韓国との関係がこじれたから?真相は…―中国メディア

配信日時:2019年7月31日(水) 20時10分
日本の中国人ビザ申請電子化は韓国との関係がこじれたから?真相は…―中国メディア
画像ID  1113568
31日、中国メディアの毎日経済新聞は、日本が観光目的で来日する中国人に発給する査証(ビザ)の一部について、インターネットでの申請受け付けを30日から始めたことについて、「韓国との関係がこじれたから?真相は…」とする記事を掲載した。資料写真。
2019年7月31日、中国メディアの毎日経済新聞は、日本が観光目的で来日する中国人に発給する査証(ビザ)の一部について、インターネットでの申請受け付けを30日から始めたことについて、「韓国との関係がこじれたから?真相は…」とする記事を掲載した。

記事はまず、河野太郎外相が29日の記者会見で、中国人観光客に発給するビザの一部について、30日からインターネットでの申請を受け付けると発表したことを紹介した。

対象は期間中1度だけ入国可能な団体客向けビザで、滞在期間は15日以内。在北京日本大使館で先行して始め、その後、他の在中国公館への申請分や個人向けなどに拡大していき、2020年4月からは電子ビザの導入も予定していることを伝えた。

記事は続いて、この情報が伝えられると、中国のSNS上では「韓国人が来なくなったから政策を変えた?」「韓国との関係がこじれたから、中国人のことを考えるようになったんでしょ」などの声が上がっていると紹介した。

記事はこうしたSNS上での反応に対し、日本の今回の動きは「ほかの重要な面を考えて判断したものだ」と指摘。2018年の訪日外国人数で国・地域別トップは中国であり、初の800万人を突破して前年比13.9%増の838万100人となったこと、今年上半期(1~6月)に日本を訪れた外国人旅行者の日本での消費額は前年同期比8.3%増の2兆4326億円で過去最高となり、うち中国が8950億円と最も大きく貢献したこと、中国人へのビザ発給件数は13年の約97万件から18年の約545万件まで増加し、外国人に対する総発給件数の8割近くを占めていることなどを紹介した。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事