Record China

ヘッドライン:

<サッカー>世界の舞台で「日韓ダービー」、うらやましくて仕方がない―中国メディア

配信日時:2019年7月31日(水) 12時10分
拡大
30日、ドイツ・ミュンヘンで行われたサッカーのアウディーカップで、レアル・マドリードはトッテナム・ホットスパーと対戦。中国メディアはこの一戦について、久保とソン・フンミンの「日韓ダービー」が実現したと伝えた。写真はレアル・マドリードの本拠地。

現地時間30日にドイツ・ミュンヘンで行われたサッカーのアウディーカップで、久保建英が所属するレアル・マドリード(スペイン)はトッテナム・ホットスパー(イングランド)と対戦。中国メディアはこの一戦について、久保とソン・フンミンの「日韓ダービー」が実現したと伝えた。

試合は22分、トッテナムのFWハリー・ケインがGKとの1対1を制して先制。攻め手を欠くレアル・マドリードはたびたびピンチを迎えるが、GKナバスの好守で何とかしのぐ。迎えた80分には、ベンチスタートだった久保が途中出場。立て続けにシュートを放ちトッテナムゴールを脅かすなど、存在感を示した。

ソン・フンミンは先発出場し、66分までプレー。久保と同じ時間にピッチに立つことはなかったものの、サッカー情報を発信する中国の自メディア・天外居は「日韓ダービーが欧州トップチーム同士の対戦で実現した」と伝えた。

記事は、「ソン・フンミンはすでにアジアのトップ選手で、トッテナムの絶対的主力。久保はまだレアルでの立ち位置が定まっていないが、次代のアジアトップ選手と称される」と二人を紹介した。

その上で、「ソン・フンミンのパフォーマンスは優れていたが、久保の10分間はさらにすごかった」とし、久保について「(連敗中の)レアル・マドリードの気まずい境遇を変えるには至らなかったが、彼はすでに(出場の)チャンスをつかんでいる。久保の未来は明るいだろう。もしかしたら、久保は本当に今シーズン、レアル・マドリードのトップチームでポジションを獲得するかもしれない」とした。

そして、「このような名門クラブ同士の対戦で日韓の選手が戦うという状況は、うらやましくて仕方がない」としている。(翻訳・編集/北田

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

<サッカー>韓国勢まさかの全滅で「前代未聞の屈辱」と韓国メディア、審判に不満も

中国のスポーツメディア・騰訊体育は27日、サッカーのACL決勝トーナメント1回戦で韓国の全北現代が中国の上海上港に敗れたことについて、韓国の一部のメディアから「上海は審判のひいきを受けた」との指摘が出ていると伝えた。写真は上海上港。

Record China
2019年6月27日 18時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング