<サッカー>世界の舞台で「日韓ダービー」、うらやましくて仕方がない―中国メディア

配信日時:2019年7月31日(水) 12時10分
世界の舞台で「日韓ダービー」、うらやましくて仕方がない―中国メディア
画像ID  1113472
30日、ドイツ・ミュンヘンで行われたサッカーのアウディーカップで、レアル・マドリードはトッテナム・ホットスパーと対戦。中国メディアはこの一戦について、久保とソン・フンミンの「日韓ダービー」が実現したと伝えた。写真はレアル・マドリードの本拠地。
現地時間30日にドイツ・ミュンヘンで行われたサッカーのアウディーカップで、久保建英が所属するレアル・マドリード(スペイン)はトッテナム・ホットスパー(イングランド)と対戦。中国メディアはこの一戦について、久保とソン・フンミンの「日韓ダービー」が実現したと伝えた。

試合は22分、トッテナムのFWハリー・ケインがGKとの1対1を制して先制。攻め手を欠くレアル・マドリードはたびたびピンチを迎えるが、GKナバスの好守で何とかしのぐ。迎えた80分には、ベンチスタートだった久保が途中出場。立て続けにシュートを放ちトッテナムゴールを脅かすなど、存在感を示した。

ソン・フンミンは先発出場し、66分までプレー。久保と同じ時間にピッチに立つことはなかったものの、サッカー情報を発信する中国の自メディア・天外居は「日韓ダービーが欧州トップチーム同士の対戦で実現した」と伝えた。

記事は、「ソン・フンミンはすでにアジアのトップ選手で、トッテナムの絶対的主力。久保はまだレアルでの立ち位置が定まっていないが、次代のアジアトップ選手と称される」と二人を紹介した。

その上で、「ソン・フンミンのパフォーマンスは優れていたが、久保の10分間はさらにすごかった」とし、久保について「(連敗中の)レアル・マドリードの気まずい境遇を変えるには至らなかったが、彼はすでに(出場の)チャンスをつかんでいる。久保の未来は明るいだろう。もしかしたら、久保は本当に今シーズン、レアル・マドリードのトップチームでポジションを獲得するかもしれない」とした。

そして、「このような名門クラブ同士の対戦で日韓の選手が戦うという状況は、うらやましくて仕方がない」としている。(翻訳・編集/北田
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 日本人***** | (2019/07/31 12:53)

     中国は現状では欧州から有名選手を金で集めていると聞く。しかし、こうした選手たちの活躍を見た子供から有能な選手が育つ可能性もあるだろう(なんせ母数=人口が多い)。中国人が好きか嫌いかは別にして、公正でフェアなプレーをするなら素直に応援しよう。  一方で韓国はどうか。不正・暴挙が続き、ファンの質も低い(C・ロナウドの件然り)。社会(スポーツ環境)が悪くて真に有能で称賛を得られる選手は育ちそうにない。  サッカー選手は経済的に貧しい環境から頑張って這い上がる選手が多いと聞く。ところが韓国のように『心が貧しい環境』からでは良い選手は生まれないのだ。  もしサッカーで中韓ダービーがあるなら、私は中国選手を応援する(政治的プロパガンダと関係のないスポーツ分野では、何故か?公正な意見表明をするネットユーザーのコメントを読むからでもある)。  もちろん日中ダービーとなれば日本人選手を応援するけどね。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 仙田 ***** | (2019/07/31 12:32)

    それでなくとも卑怯で凶暴な韓国選手は、相手が日本人となると更に卑劣な暴力を使ってくるので、今回は久保選手がケガをさせられなくて幸いである
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事