Record China

ヘッドライン:

日本の電子関連企業、「韓国に学んで」続々中国市場に?―中国メディア

配信日時:2019年8月1日(木) 7時0分
拡大
30日、観察者網は、日本の今年第2四半期における電子部品受注が8%減少したことが明らかになり、日本企業が中国市場への投資を強化していると報じた。資料写真。

2019年7月30日、観察者網は、日本の今年第2四半期における電子部品受注が8%減少したことが明らかになり、日本企業が中国市場への投資を強化していると報じた。

記事は、今月初めに日本政府が半導体原材料の対韓輸出規制を発動したことで大きな影響を受けるサムスン電子やLGなどの韓国企業が中国に助けを求め始めたと伝えた。

そのうえで、世界的な景気を見る指標とされている日本の電子部品注文数も減少しており、今年第2四半期における日本の大手電子部品メーカー6社の電子部品受注が昨年の同時期より約8%減ったことが明らかになったと紹介。「この苦境を打開すべく、日本の電子関連企業も韓国に学んで、中国市場に転向し始めている」とした。

記事は、「昨年の世界全体における半導体販売額のうち、中国による購入が約67%を占めている」としたほか、「中国では現在半導体生産能力の工場に力を入れており、日本企業がこの機に乗じて工場を建設し、中国の半導体工場が発展する中で利益を得ようとしている」と伝えた。

また、対韓輸出規制を実施してからの20日間で日本の対韓半導体輸出は約15%低下していたことを挙げ、「韓国に輸出できなくなった半導体の輸出先として、日本企業が世界最大の半導体輸入国である中国に目をつけるのも不思議なことではない」としている。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング