シンガポールで中国系俳優を起用した広告に「人種差別的」と批判集中―中国メディア

配信日時:2019年7月30日(火) 14時40分
シンガポールで中国系俳優を起用した広告に「人種差別的」と批判集中
画像ID  1113206
30日、中国メディア・環球時報は、シンガポールのあるメディアが制作した広告が人種差別的だとして批判を浴びていることを伝えた。
中国メディア・環球時報は30日、シンガポールのあるメディアが制作した広告が人種差別的だとして批判を浴びていることを伝えた。

広告は、シンガポールメディア・メディアコープ(Mediacorp)によって制作された、国内のオンライン決済システムを宣伝する内容。中国系のシンガポール人俳優、周崇慶(Dennis Chew)が起用され、シンガポールに暮らす中国系やインド系、マレー系といったさまざま人種を演じ分けている。しかし、一部の人種に扮するにあたって、メイクで肌を濃い色に塗ったことが人種差別的だとして問題となった。

記事は、「シンガポール社会において、人種問題は非常に敏感なテーマである」「メイクで肌の色を暗くする行為は、シンガポールではタブーに等しい」などと説明。さらに、「同社は2016年にも番組内でシンガポール人俳優にブラックフェイス(黒塗りメイク)を施してアフリカ系の人物を演じさせたことが問題となり、シンガポールのメディア開発庁から5500シンガポールドル(約44万円)の罰金を課された」と伝えた。

記事によると、今回の件に関して、「1人の中国系の人物がシンガポールの多様な民族を演じ分けてしまったら、シンガポールの『CMIO(“Chinese、Malay、Indian、Others”の略。シンガポールの多人種主義の概念)』は何の意味を持つというのか」といった声や、演者の軽々しい雰囲気に「マレー系女性のイメージはあなたに茶化されるためのものではない」などといった意見が寄せられている。

このほか、シンガポール誌「Mynah Magazine」の編集長も自身のTwitter(ツイッター)上で、「19年のシンガポール広告で『茶色い肌』のメイクを見ることになるとは。われわれはすでにこの段階を乗り越えたものかと思っていた」と発言し、多くのネットユーザーの注目や共感を集めた。

同社は「この広告を通して、オンライン決済は誰にでも使えるものだというメッセージを伝えたかった」「人々を傷つけるつもりはなかった」などと謝罪声明を出している。同広告はすでに掲載が取りやめられたという。(翻訳・編集/岩谷)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2019/07/31 00:40)

    今のご時世を考えると、Mr.Boo!シリーズなんかもうTV放送出来んのじゃないか。 爆発で顔が黒くなり、髪もアフロ状態になった上でオンリーユーを歌い始めるとかね。 別に差別の意図は無かっただろうけど、多分今ならアウトなんだろうね。 まあ、他人種絡めてギャグに仕立てるってのは、悪意がないとしても今後は無理なのかな。 黒人じゃなく白人のミスター・ベーターみたいなネタもヤバいんだろうし。 ちなみに、あからさまに日本人じゃないアジア系の俳優を使って「日本人」とか言い張ってたスタートレックや、金髪白人スパイがそのまま和服を着ただけで日本人だと言い張り、日本の組織に潜入してたスパイ大作戦は、今のご時世だとどうなんだろうね? いやまあ、個人的にはアリなんだけど。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 仙田 ***** | (2019/07/30 17:19)

    自分が思うにこの人は場合は「差別的」というよりは「一人で何役も演じ分けが出来る器用な俳優」といった感じであるが、「人種差別問題」に敏感なシンガポールの人々はまた捉え方が異なるのだろう、余談であるが昔日本のドラマで俳優の故石立鉄男氏がよく一人二役を演じていたのを思い出した
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/07/30 15:42)

    日本で黒塗りメイクと言えばシャネルズだが、人種差別で訴えられた話は聞かない。日本は人種問題にうといのか、気楽な時代だったのかもしれない。
    このコメントは非表示に設定されています。
    8 0
最新ニュースはこちら

SNS話題記事