Record China

ヘッドライン:

シンガポールで中国系俳優を起用した広告に「人種差別的」と批判集中―中国メディア

配信日時:2019年7月30日(火) 14時40分
拡大
中国メディア・環球時報は30日、シンガポールのあるメディアが制作した広告が人種差別的だとして批判を浴びていることを伝えた。

広告は、シンガポールメディア・メディアコープ(Mediacorp)によって制作された、国内のオンライン決済システムを宣伝する内容。中国系のシンガポール人俳優、周崇慶(Dennis Chew)が起用され、シンガポールに暮らす中国系やインド系、マレー系といったさまざま人種を演じ分けている。しかし、一部の人種に扮するにあたって、メイクで肌を濃い色に塗ったことが人種差別的だとして問題となった。

記事は、「シンガポール社会において、人種問題は非常に敏感なテーマである」「メイクで肌の色を暗くする行為は、シンガポールではタブーに等しい」などと説明。さらに、「同社は2016年にも番組内でシンガポール人俳優にブラックフェイス(黒塗りメイク)を施してアフリカ系の人物を演じさせたことが問題となり、シンガポールのメディア開発庁から5500シンガポールドル(約44万円)の罰金を課された」と伝えた。

記事によると、今回の件に関して、「1人の中国系の人物がシンガポールの多様な民族を演じ分けてしまったら、シンガポールの『CMIO(“Chinese、Malay、Indian、Others”の略。シンガポールの多人種主義の概念)』は何の意味を持つというのか」といった声や、演者の軽々しい雰囲気に「マレー系女性のイメージはあなたに茶化されるためのものではない」などといった意見が寄せられている。

このほか、シンガポール誌「Mynah Magazine」の編集長も自身のTwitter(ツイッター)上で、「19年のシンガポール広告で『茶色い肌』のメイクを見ることになるとは。われわれはすでにこの段階を乗り越えたものかと思っていた」と発言し、多くのネットユーザーの注目や共感を集めた。

同社は「この広告を通して、オンライン決済は誰にでも使えるものだというメッセージを伝えたかった」「人々を傷つけるつもりはなかった」などと謝罪声明を出している。同広告はすでに掲載が取りやめられたという。(翻訳・編集/岩谷)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

黒人メークをネット上で披露した中国人女性、これは人種差別になるのか?中国ネットが議論

16日、新浪新聞の微博アカウント・頭条新聞によると、ネット上で黒人メークを披露した中国人女性が海外のネットユーザーから人種差別だと非難される事態になっている。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2019年2月18日 13時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング