Record China

ヘッドライン:

アジア初!ティラノサウルス科恐竜の足跡発見―中国メディア

配信日時:2019年7月30日(火) 12時50分
拡大
1/3枚
2019年7月29日、新京報は、江西省で中国初となるティラノサウルス科の恐竜とみられる足跡の化石が見つかったと報じた。

その他の写真

記事によると、中国内外の古代生物学者が29日、同省贛州市で巨大な恐竜の足跡が見つかったと発表した。この足跡は中国はもちろん、アジアで初めてとなるティラノサウルス科のものであると見られ、現在までに中国で見つかった最大クラスの肉食恐竜の足跡であるという。専門家の分析によれば、足跡を残した恐竜は体長が7.5メートルに及ぶ可能性があるとのこと。

主に米大陸に生息していたとされるティラノサウルス科の化石が中国で見つかったという大きなニュースに対し、中国のネット上では「ついに江西省が自然災害以外のトピックで検索ワードランキングに登場したぞ」「江西省がついに存在感を見せたぞ」など、ネガティブなニュースで目立つことが多い江西省で大きな発見があったについて化石の発見以上に喜びを示す声が見られた。一方で、「江西省で発見されたのに福建省の博物館に陳列されるとは……」といった感想を残すユーザーもいた。

また、記事に付された動画を見たユーザーからは「ものすごく重要な科学標本を、君たちは椅子の上に置いてしまうのか」など、化石の扱いが雑であることへのツッコミも見られたほか、「あくまでティラノサウルス科の恐竜化石が見つかったということで、アジアにティラノサウルスはいない」との意見も出ている。(翻訳・編集/川尻
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

河南省で考古学の新発見、殷代「鋳銅技術者一族」の墓を発見―現在から3000年以上前

河南省で発掘調査されていた殷代の墓の一つが、鋳銅技術者一族の墓であることが分かった。当時の鋳銅技術者の墓が確認されたのは初めて。写真4枚目は、初めて見つかった青銅器鋳造用の陶器製の金型。殷代の青銅器独特の文様を確認できる。

Record china
2019年6月10日 9時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング