中国市場縮小の流れに逆らって成長する日本車、何を意味しているのか―中国メディア

配信日時:2019年7月31日(水) 6時40分
流れに逆らって成長する日本車、何を意味しているのか―中国メディア
画像ID  1113132
29日、中国経済網は、中国の自動車市場が縮小する中で日系の合弁メーカーが成長していることの意味について論じる記事を掲載した。
2019年7月29日、中国経済網は、中国の自動車市場が縮小する中で日系の合弁メーカーが成長していることの意味について論じる記事を掲載した。

記事は、今年上半期の中国の自動車販売台数が前年同期比で12.4%と大きく減少する一方で、日系ブランドは成長を実現したと紹介。中国自動車工業協会のデータで、今年上半期の日系車のシェアが昨年上半期の19.9%を上回る22.7%にまで増加し、東風日産、広汽ホンダ、東風ホンダ、一汽トヨタ、広汽トヨタの販売額がそれぞれ前年同期比で0.3~22%増えたことが明らかになったとしている。

そのうえで、特に東風日産の成長について深く考えるに値する点があると注目。同社の伸び率は0.3%とわずかだが、4年連続で生産販売台数が100万台を突破するなどもともと母数が他社より大きいと説明したほか、市場全体のシェアが5.4%、合弁非高級車ブランド市場のシェアが10.5%にまで上昇しており、市場競争力の高さがうかがえると伝えた。

そして、東風日産をはじめとする日系メーカーが強い理由として、近年日中間における経済、貿易面の往来が盛んになっているほかに、合弁企業が持つ安定的な経営体力に着目する必要があると指摘した。

記事は「良い自動車を作るには、時間、コスト、品質、性能の要求を前提とし、多くの自動車をしっかり造り、売ることで、企業のブランド価値を高める必要がある」とし、そのためには単に技術力だけではなく、研究開発、製造、販売、サービス、管理を含めた体系力が必要だと解説。また、「自動車業界はスケールメリットが特に重要とされる産業で、持続的な投資が必要であるため、一定の期間内に規模を大きくできなければ経営はどんどん苦しくなってしまう」と論じている。

さらに、東風日産は今年上半期にシルフィ、エクストレイル、キャシュカイ(海外向けのコンパクトSUV)の3車種だけで40万台を生産販売したと紹介。「これは日系車が製品のラインナップの多さに頼ることなく、安定した体系の下で主力製品を形成してきたことを意味する」とし、「数打てば当たる精神で競争力のない新車を続々と開発するメーカーにとっては紛れもなく大きなヒントになる」との見方も示した。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 千葉の***** | (2019/08/01 11:38)

    22%超えは凄いね。 アメリカ市場における70年代後期に似て来た。 日本車は10年、故障無しで乗れる品質が段々と理解されてきたという事だと思う。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ユパミ***** | (2019/07/31 13:00)

    国内の日産は 表向き日本に技術的に高い物を販売している しかし実際にはいつまでもモデルチェンジしない車が多い 根本的な開発の費用はかけないって事だろう 海外であれだけ人気のマーチの国内販売の予定も無く GTRもマイナーチェンジばかり 確かに余計な車作らない方が利益も上がるんだろう 但し昔のように魅力的な車も無くなったのも事実 そうやって中国市場に日本の開発費用迄突っ込んでやっていたら中国市場で売れるのも納得 もう日産は日本市場は捨てているって事だろう グローバル化で日本の企業が日本向けに良い車作らなくてはなんて気持ちも無いだろうし 儲かる所に資本を集中するのもごもっともですが 日本国内で日産のブランド力の低下はしょうがないだろう 私はさようなら日産と言いたい この際本社中国に移したらいかがですか?海外に資金送れないけどw
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 仙田 ***** | (2019/07/31 06:56)

    この記事は中国の自動車市場が縮小していく中で順調に販売台数を伸ばしている日本車特に日産自動車に不安を感じているのがみて取れる、海外で販売される日本車が日本国内で販売される日本車と大きな隔たりがあるのは結構有名だが、日産は特にそれが酷くヨーロッパや中国で販売される車種は魅力的な物が多いが、日本国内で販売される日産車は大半が箸にも棒にも引っ掛からないゴミである、これは逮捕されたカルロスゴーンやその取り巻き連中例えば社長の西川辺りが日本向けの車種の開発コストを極端にケチッた結果であるが、日本向けにあんな不出来な製品を押し付けてくる位ならいっそのこと日本から撤退するか、トヨタやホンダや或いは提携先の三菱やメルセデス・ベンツのOEM販売でもやってろと言いたくなる
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事