日本の攻撃受けた「半導体コリア」、ライバルの猛追に危機感=韓国ネットからも懸念の声

配信日時:2019年7月31日(水) 7時20分
日本の攻撃受けた「半導体コリア」、ライバルの猛追に危機感
画像ID  1113031
29日、韓国・聯合ニュースは「日本の横暴に足を引っ張られた『半導体コリア』…追撃する世界のライバル社」と題する記事を掲載した。資料写真。
2019年7月29日、韓国・聯合ニュースは「日本の横暴に足を引っ張られた『半導体コリア』…追撃する世界のライバル社」と題する記事を掲載した。

記事によると、世界の半導体市場でシェアトップ10に入る米国のインテル、台湾のTSMC、日本の東芝などは最近、先を争うように次世代技術や設備投資、資金確保に乗り出しており、「日本政府の輸出規制によりサムスン電子とSKハイニックスの生産への支障を懸念する声が高まる中、これに乗じて世界のライバル各社が半導体コリアの牙城に挑んできている」と指摘している。また「半導体メモリはもとより、非メモリ分野でもライバル社のけん制の度合いが強まり、韓国政府がサムスン電子を全面に出して推進する『半導体2030ビジョン』が始動初期から危機を迎えるのではないかという指摘が出ている」とも伝えている。

業界では「事態が長期化した場合、世界の半導体市場の版図が揺れる可能性もある」と警鐘を鳴らす関係者がいる一方で、「サムスン電子とSKハイニックスはこの数年間、攻撃的な研究開発(R&D)と設備投資を通じて圧倒的な技術を確保しており、深刻な競争力の低下はない」と話す関係者もいるという。

これを受け、韓国のネット上では「大企業が韓国内の中小企業を軽視してきたことが日本製品の不買運動につながった。今からでも中小企業と共生していく戦略を立てるべき」「サムスンとハイニックスのミスは深刻。これまでお金にならない技術投資をせず、苦痛の負担を中小企業に任せて楽に金儲けしてきた結果」「日本の輸出規制のせいにしないで。いつまでもトップでいられるというのは安易な考え。結局のところ、この状況に備えられなかった企業や政府、そしてわれわれの過ち」「日本のせいだけ?。これまで韓国政府は何をしてきたの?。ただ反日感情を煽ること以外、何もしたことがない」など大企業や政府の責任を問うコメントが目立つ。

また「背後に日米がいるんじゃないか心配」「日米が組んで韓国の半導体産業を攻撃したのでは。日本と組んで韓国の半導体を攻撃して崩壊させた後、自分たちの産業を拡大するという構想かとか?。だとしたら大問題」などと推測する声や、「これを機にもっと技術開発や半導体産業を発展させよう」「これこそ日本が望んでいたこと。今こそ韓国は一丸となるべき」と訴える声も上がっている。(翻訳・編集/松村)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • コング***** | (2019/07/31 18:44)

    アメリカがごり押しした日米半導体協定が無ければ韓国とアメリカの半導体事業はここまで発展出来なかったはずです。 特に韓国の半導体は日本の技術と生産設備無しには発展など あり得なかった。 半導体産業の種を黙々と育てて来たのは出る杭を打つ国がいる事を知っているからである。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 日本人***** | (2019/07/31 10:29)

    『進め!五千万。一丸となって火の玉だ』『鬼畜・日本』『敵性語を使うな』『欲しがりません勝つまでは』…もはやプロパガンダですらない(大喜利だ)。  当のサムスントップは、文主催の会合を蹴って日本に来て善後策を図ってたのに(好き嫌いではなく、経営者ならそうするだろう)。  結局、右・左関係なく『ポピュリズム』の末路とは、時代に関係なく・こういうところに行きつくんだなぁ。  最終的にこんなオツムの韓国人が、難民として日本に流れ込まないよう・日本人は官民挙げて警戒を厳と成さねば。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 仙田 ***** | (2019/07/31 10:10)

    毎回問題にしている日本の輸出規制の原因は、54年間に渡る日本への暴虐と北朝鮮への横流しという韓国自らの行いの悪さが全ての源である事を少しは自覚すればよかろう、今朝もその横流しした物資で造ったミサイルを北朝鮮は飛ばしてきたのだから
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事