ソウルの人気観光地に「実物大の慰安婦像」設置へ=韓国ネットからは反対意見多数

配信日時:2019年7月31日(水) 6時0分
ソウルの人気観光地に「実物大の慰安婦像」、韓国ネットからも反対意見多数?
画像ID  1112760
29日、韓国・朝鮮日報によると、日本による統治時代にソウル・南山の麓にあった神社「朝鮮神宮」の跡地付近に、ソウル市が慰安婦被害者の銅像を建てる。写真はソウルの慰安婦像。
2019年7月29日、韓国・朝鮮日報によると、日本による統治時代にソウル・南山の麓にあった神社「朝鮮神宮」の跡地付近に、ソウル市が慰安婦を象徴する銅像を建てる。来月14日の「日本軍慰安婦被害者をたたえる日」記念式で除幕するという。

記事によると、ソウル市関係者は「日本の帝国主義を象徴する空間があった場所に銅像を建て、犠牲になった人たちの魂を慰労する空間をつくろうというもの」だと説明している。また現在の日韓関係の状況とは関係なく、今年は日本からの独立運動「三・一運動」100周年であることから、記念行事の一環として昨年から準備してきたものだと説明している。

銅像は、1991年に初めて元慰安婦として名乗り出た故・金学順(キム・ハクスン)さんが韓国・中国・フィリピンの少女を見つめる姿を実物大で表現したという。2017年9月に米サンフランシスコに建てられた像と似た形で、どちらも米国人彫刻家スティーブン・ホワイト氏の作品。設置場所はソウル市教育庁教育研究情報院とNソウルタワーに向かう階段の間で、観光客が多く行き来する場所だという。

来月14日の記念式と除幕式には朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長、マイク・ホンダ元米連邦下院議員、米人権団体関係者らが出席する予定だという。

この記事に韓国のネットユーザーからは「朝鮮戦争の戦死者をたたえる像とかも建てたらどう?」「反日以外にすることないのか?」「そんなに建てたければ自分のお金でやってよ。税金でショーをしないで」「韓国の侵奪されてきた歴史の痕跡を全て見つけて記念碑を作れば?。どうして日本軍慰安婦ばかり?。市長は歴史の勉強をし直したらどうだ」「過去をほじくり返してばかりいないで、未来へのビジョンを提示すべき」「過去の過ちだ。反省し和解しよう。そして前に進もうよ。歴史の中にはこれよりもっとひどいこともたくさんあった。扇動する政治家を退出させよう」など、「反日の政治利用」を批判する声が多く寄せられている。

その他「慰安婦像の設置に反対する。既存の像も撤去してほしい。自分の子を慰安婦に送り出した人たちはその時何をしていたのか?。醜い先祖の存在を隠し、慰安婦に対する誤った歴史を誇張し、どんどん像を設置して何かいいことがあるのか?」「慰安婦は被害者であり偉大な功績を残したのではない。あがめる対象でもないのだから像を増やすのは反対だ。和解を目指さず加害者を追い込むような態度は望ましくないと思う。未来志向の解決策を模索しながら克日(日本を克服する)の力を育てる知恵が必要だ」などのコメントも多くの共感を得ていた。(翻訳・編集/麻江)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事