Record China

ヘッドライン:

英国ボリス・ジョンソン新首相、「親中」は気まぐれ?―独メディア

配信日時:2019年7月30日(火) 8時50分
拡大
ドイツの国際放送事業体ドイチェ・ヴェレ(DW)中国語サイトは25日、前日に正式に就任した英国のボリス・ジョンソン新首相が、就任に先立って鳳凰衛視(フェニックステレビ)のインタビューに応え、中国の「一帯一路」に対する熱い思いや習近平(シー・ジンピン)国家主席が行おうとする事業に大変興味を持っていると語ったことを伝えた。

記事は「彼(ジョンソン新首相)は、英国は西側で最初にアジアインフラ投資銀行(AIIB)に加入した国であり、『私は中国を非常に支持している』『英国はヨーロッパで最も開かれた国で、特に中国からの投資に対して最も開かれた国であることを忘れてはならない』とも強調している。彼は中国が参画して建設した英国のヒンクリー・ポイント原子力発電所を例に挙げ、『英国は中国資本を心から歓迎する』と語った」と紹介した。

記事によると、ジョンソン新首相はインタビューで、自身の娘が少し前まで中国で中国語を学んでいたことを挙げ、「これは若い人たちが中国語を学ぶことが『非常に重要』であることを示している」との考えを示した。同時に、15万人以上の中国人留学生が英国で学んでいることは英国にとって非常に有益であり、英国の社会に巨大な貢献をしてくれるだろうとの考えも語ったという。

記事は一方で「フェニックステレビが放送した内容では、物議を醸しているファーウェイ(華為技術)問題には特に言及していない」と指摘。「この中国の通信機器大手が英国の5Gネットワーク構築にいったいどの程度関わることになるのかは依然としてそれほど明らかではない。今週月曜日、英国政府はそれについての決定を再度先送りしている。同時に、ボーダフォンやBTなどはすでにネットワークのセキュリティー関連以外の部分についてファーウェイの5G設備を導入し始めている」と述べ、ジョンソン新首相が世界の焦点になっているファーウェイ問題に一切言及していない点を指摘している。

記事ではさらに、ジョンソン新首相のインタビューでの発言を受けた中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官が木曜日の会見で「中国は中英関係の発展を重視し、英国と共に努力し、相互尊重に基づいたウィンウィンの精神で協力し、両国の政治上の信頼を深め、『一帯一路』における協力を含む各分野の実務協力と人文交流を拡大し、二国間関係の協力面、積極面を拡大し、中英関係が引き続き安定し健全に発展することを推進し、多国間主義と自由貿易を共に擁護し、世界的な課題に対応していく」と反応したことを伝えている。

その上で「ジョンソン新首相は『ハードブレグジット派』の代表的人物で、今年10月31日より前のEU脱退を主張して、必要ならば『合意なき離脱』も辞さないと主張している。各界はそれが英国、欧州ないし世界経済に重大な衝撃を生むことを懸念している。あるアナリストは重圧の下にある英国は、そうなれば中国に目を向け、『一帯一路』などの枠組みの下での拡大協力を探る可能性があると分析している。だが、米国の重要な盟友として、英国が仮に北京に目を向けることになれば、大西洋を挟んだ両国の関係に影響を与える可能性がある」とした。

さらに、「ジョンソン新首相本人の中国に対する立場もこれまで何度も変化している。2005年、当時まだ正式に政界に足を踏み入れていなかったジョンソン新首相は『デイリー・テレグラフ』に評論を載せ、『われわれの子どもたちは中国語を学ぶ必要はない。中国が世界を支配することはないだろう』としていたが、その後、『自分の判断にミスがあったため、自分と自分の子どもは今、中国語を勉強している』と言い直している。7月初め、ジョンソン新首相はファーウェイをめぐる議論の中で、中国企業は依然として、他の国々の企業と同様に英国から歓迎されていると強調したが、同時に英国は自国のセキュリティーインフラに脅威となるいかなる行為も行わないだろうと述べている」として、これまでの発言のブレを指摘している。

記事は最後に「総じて、首相就任以前においては、近年ジョンソン新首相が中国問題について声を発したことは極めて少ない。それは目下議題の焦点となっている香港についても同様で、彼は未だ自身の態度を表明していない」として、ジョンソン新首相の発言の真意に疑問符を付けている。(翻訳・編集/坂下晃)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング