ジャーナリスト志望の中国小学生訪日団、日本記者クラブを見学=トウ小平の会見写真に興味津々「日中はもっと仲良くなればいい」

配信日時:2019年7月26日(金) 17時50分
ジャーナリスト志望の中国小学生訪日団、「日本記者クラブ」を見学
画像ID  1112362
26日、ジャーナリストを目指す中国の小学生「中日友好小記者」6人が来日し、東京の日本記者クラブ、日比谷公園、国会議事堂などを見学、日本のメディア事情などを学んだ。写真は日本記者クラブでの講習風景。
2019年7月26日、ジャーナリストを目指す中国の小学生「中日友好小記者」6人が来日し、東京の日本記者クラブ、日比谷公園、国会議事堂などを見学、日本のメディア事情などを学んだ。

その他の写真

一行は父母らも含め総勢17人。日比谷公園では、中国辛亥革命の父・孫文が明治末期から大正初期の亡命時代に、足しげく通い支援を受けた「日比谷松本楼」を見学。夫人の宋慶齢が弾いていたピアノに見入っていた。

日比谷公園内にそびえるレンガ造りの「市政会館」は同盟通信、時事通信などの本社だったところ。1945年に時計塔の上のアンテナから、米国・トルーマン大統領、英国・チャーチル首相、中国・蒋介石主席の3者から突き付けられた「ボツダム宣言」を日本が受け入れ、無条件降伏したスクープニュースが世界に初めて発信されたとの説明に熱心に耳を傾けていた。

この後、“記者の卵”たちは同公園に隣接した日本記者クラブを訪ね、改革開放を推進したトウ小平氏が1978年の訪日時に記者会見した会見場を見学。当時のトウ氏会見写真や記者クラブを訪れた各国の元首らの写真に興味津々だった。

日本記者クラブ会議室での講習会では、「毛沢東主席や習近平国家主席をどう評価しているか?」「トウ小平さんの果たした役割は?」などの鋭い質問も飛び出し、講師のジャーナリスト、八牧浩行・日中経済文化促進会会長もたじたじだった。

9月に中学に進級する女生徒は「日本はよいところ。両国がもっと仲良くし、助け合えばよい」と将来の明るい展望を語っていた。

引率者によると、中国では、新聞・放送記者などジャーナリストは人気の職業で、小中学生時代から志望する傾向があると言う。講習後「受講証」が贈られた。(取材/武藤)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事