日本の飲食店の現状に、韓国ネットからも不安の声「他人事じゃない」

配信日時:2019年10月31日(木) 6時0分
日本の飲食店の現状に、韓国ネットからも不安の声「他人事じゃない」
画像ID  1112138
25日、韓国・マネートゥデイが「日本の飲食店の現状」を報じ、韓国のネット上で注目を集めている。資料写真。
2019年10月25日、韓国・マネートゥデイが「日本の飲食店の現状」を報じ、韓国のネット上で注目を集めている。

記事はまず、今月20日の日本経済新聞の報道を基に「世田谷区にある東京すし和食調理専門学校では、在学生の半数を外国人が占めている」「京都の有名なすし屋でも中国人職人がすしを握っていたり、かつてコンビニやファミレスなどの単純労働職に就いていた外国人が今や厨房にまで進出している」「日本食を受け継ぐ後継者が非常に不足している」ことを伝えた。

その上で「人口減少、過去最低の失業率などで人手不足に苦しむ日本が、移民国家を宣言し海外に人手を求めたために起きた現象だ」と指摘した。ほかにも、日本の若者のすし職人離れの原因や外国人職人のビザ問題、日本人の米離れなどの問題についても伝えている。

これを受け、韓国のネット上では「他人事じゃないな。すぐ韓国も同じ状況になるだろう」「韓国も日本と何ら変わらない。夢を持って大学の調理科に入っても、卒業後の現実は厨房で12時間労働。大変な職業」「韓国も調理師がいなくて困ってる。日本を心配してる場合じゃない」「韓国だけがそうなのか分からないけど、勉強や文化が現実とかけ離れてる。みんな目標が裁判官や医者、芸能人、公務員だけど、それじゃ社会が回っていかない」など韓国社会へ警鐘を鳴らすコメントが目立つ。

また「食べる側からしたら、丁寧に作ってくれればいい。そんなに長い時間をかけて厳粛に学ぶ必要があるのか疑問」「正直言って、すしは何年もかけて学ぶものじゃない。難しくもないし。かつてのバブル時代のせいじゃない?」とすし職人に対する疑問の声や、「安倍首相の経済政策はうまくいってるようだね」など皮肉る声も上がっている。(翻訳・編集/松村)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • MR***** | (2019/10/31 10:01)

    よく行っている和食レストランも東南アジア系の人が魚焼いてた。 人手不足がますます深刻になっている。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/10/31 07:40)

    コンビニやファミレスを単純労働だと思っているならまだ日本を理解していない。誰でも出来る仕事で特別なサービスをするのが日本のおもてなしだ。その精神を理解してないものが表面的に技術を学んでも模造品に過ぎない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 丹陽***** | (2019/10/31 06:41)

    >他人事じゃないな。すぐ韓国も同じ状況になるだろう 何言ってんの? お前らに職人なんて居ないんだから日本と同じになる訳ないだろ >そんなに長い時間をかけて厳粛に学ぶ必要があるのか疑問 お前らの様な腐ったものしか食わない連中には必要無いんだけど 調理方法以外にも衛生管理とかお前らには関係なければ必要もないが 日本では調理よりも大切な事として学ぶんだよ それに学校を出てもお店の職人さんの下で何年も修行するもんなんだよ そんなんだから、お前らには本物が無いんだよ >正直言って、すしは何年もかけて学ぶものじゃない。 お前らに寿司の何が分かるってんだよ! 日本には“ シャリ炊き3年、合わせ5年、握り一生”って言葉があるんだよ 一人前の寿司職人になるには職人さんの下で10年は修行するんだよ 上っ面しか見ない韓 国 朝 鮮 人が騙ってんじゃないよ! 日本の職人技を舐めんじゃないよ!! 1910-96
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事