反日ムード高まる韓国、日の出モチーフの橋や菊模様のテントにも苦情相次ぐ

配信日時:2019年7月27日(土) 12時20分
反日ムード高まる韓国、日の出モチーフの橋や菊模様のテントにも苦情相次ぐ
画像ID  1112121
25日、韓国・朝鮮日報は「反日疲れ…日の出を表現した橋や菊模様の市場テントにも撤去要求」との見出しで、韓国の反日運動がさまざまなところに「飛び火している」と報じた。写真は旭日旗。
2019年7月25日、韓国・朝鮮日報は「反日疲れ…日の出を表現した橋や菊模様の市場テントにも撤去要求」との見出しで、韓国の反日運動がさまざまなところに「飛び火している」と報じた。

韓国では現在、日本政府による輸出規制強化に反発し「日本不買運動」が拡散している。そうした中、記事によると済州市役所には最近、太陽の光をイメージした約40メートルのモニュメントを「替えてほしい」という苦情が数件寄せられた。モニュメントは半円型の石を中心に、大理石を利用して日差しが広がる様子を表しているが、これが「日本の旭日旗を連想させる」ためという。

同様の苦情はソウル近郊の京畿道(キョンギド)水原(スウォン)市でもあった。市民らは同市が2016年8月に市場の商人らのために1億ウォン(約920万円)余りを投じて店舗前に設置した日避け・雨避け用の遮光幕について「裾の菊模様が日本の皇室を連想させるため替えてほしい」と訴えたという。ただ、これについて市関係者は「統一新羅時代の装飾瓦に倣って作られた韓国固有のもの」と説明しているという。

これを受け、韓国のネット上では「誰があのモニュメントをデザインしたの?あれを見て旭日旗を思い出さないわけがない」「(デザインの)発想自体が問題」「どう見ても旭日旗。これを作り設置した人の考えが理解できない」「今すぐ撤去、交換して」などの声が上がっており、旭日旗に対する拒否感はこれまで以上に強まっているようだ。また「戦犯旗(=旭日旗)形状のものの使用を禁止する法律をつくるべき」と提案する声も見られた。(翻訳・編集/松村)

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 12

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事