日中韓FTA交渉が積極的に推進―中国商務部

配信日時:2019年7月23日(火) 19時50分
日中韓FTA交渉が積極的に推進―中国商務部
画像ID  1111375
中国商務部は22日、第12回中国-北東アジア博覧会の記者会見を開催し、李成鋼部長補佐が中国と北東アジア諸国との経済貿易協力の状況を紹介した。資料写真。
中国商務部は22日、第12回中国-北東アジア博覧会の記者会見を開催し、李成鋼(リー・チョンガン)部長補佐が中国と北東アジア諸国との経済貿易協力の状況を紹介した。それによると、2018年には中国と北東アジア地域5カ国との貿易額は計約7585億7000万ドルに上り、中国の対外貿易総額の4分の1に迫ったという。

李氏は、「中国はこの5カ国にとってそれぞれ最大の貿易パートナーだ。国別の統計では、日本は中国の2番目、韓国は3番目の貿易パートナーだ。日中貿易額と中韓貿易額はいずれも3000億ドルを超え、中国とロシアの貿易額は1000億ドルを突破し、中国とモンゴルとの貿易額は80億ドルに迫った。投資協力は目に見える成果を上げ、今年5月末現在、日本の対中直接投資の実行ベース外資導入額は累計1137億ドルに上り、日本は中国にとって1番目の投資元国であり、韓国の実行ベース対中投資額は801億8000万ドルに上り、韓国は中国にとって4番目の投資元国だ。今年1-5月には、中国のロシアの全業界に対する直接投資は2億1000万ドルで同20.1%増加し、韓国への投資は8868万ドルで同73.1%増加し、モンゴルへの投資は6820万ドルで同67.1%増加した」と述べた。

李氏は続けて、「また、地域協力と国際協力の分野で、中国と北東アジア5カ国は幅広いコミュニケーションと協調関係もずっと維持してきた。現在、北東アジア情勢は全体として安定の中で好調さを維持し、地域協力の強化はより有利な条件の下にある。『一帯一路』(the Belt and Road)の国際協力がますます深まり、ますます実質的なものになっている。日中韓自由貿易協定(FTA)の交渉が積極的に推進され、広域図們江開発計画(GTI)はますます実務的になり、中国・モンゴル・ロシア経済回廊の建設がすでにスタートし、関係国は主要20カ国・地域(G20)、上海協力機構(SCO)、東アジアの協力などのメカニズムの下で積極的な双方向の協力関係を維持している」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/KS)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • コング***** | (2019/07/23 20:22)

    日中韓FTAは止めて日中FTAだけにした方がすんなり進むと思います。 日中FTAだと議論が出来ますが韓国が入ってくると議論になりません。 中韓FTAは既にあるので要らないでしょう! 約束を守らない国を含めた協定は意味がない!
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/07/23 20:11)

    何だかよくわからない記事だが、歯車で描かれた世界地図が気持ち悪い。特にアジア地域を赤で色分けしているところが『ここは本来中国の領土だ』と言っているみたいである。日本人は日本をアジアとも思っていないし、脱亜入欧を目指しているわけでもない。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事