Record China

ヘッドライン:

香港ストリートフード・エッグワッフル

配信日時:2019年7月24日(水) 20時20分
拡大
グルメ都市として知られる香港だが、高級レストランの食事だけでなく、ローカル飯やストリートフードも多く存在する。ストリートフードとしてまず今回ご紹介するのは日本人にもお馴染みの「エッグワッフル」、広東語では雞蛋仔(ガイダンジャイ)と呼ばれるものだ。
(1/3枚)

グルメの都市として知られる香港だが、高級レストランでの食事だけではなく、ローカル飯やストリートフードも多く存在する。日本では食べ歩きというとマイナスのイメージがあるかもしれないが、ここ香港ではごく普通のこと。街歩きの途中、おやつ感覚で食べ歩きができる多くのストリートフードがある。

その他の写真

これから香港のストリートフードについて少しずつ紹介をしていきたいが、まず今回ご紹介するのは日本人にもお馴染みの「エッグワッフル」、広東語では雞蛋仔(ガイダンジャイ)と呼ばれるもの。これは、いわば日本のベビーカステラの集合体のようなもので、街の屋台や小さなお店あちこちで見かけることができる。名も無いような小さな屋台で販売されている事が多いエッグワッフルだが、香港内でも海外からの観光客にも知名度が高い2店舗を挙げてみたい。

まずは香港島の北角の「北角雞蛋仔 」。色々食べ比べたがここのものが一番美味しいというローカルっ子が多く、今では北角だけではなく香港内に数店舗出店している。注文してから焼かれることが多いため、常に焼き上がりを待つ多くの人が店の前で行列をしている。この店のエッグワッフルの特徴は、外がパリパリで中がほんわりと柔らかいところ。この食感と美味しさが病みつきになる。

もう1店舗は、[女馬][口米]雞蛋仔(Mammy Pancake)。こちらも香港内に数多くの店舗を出しているが、特筆すべきは店の特徴はその種類の多さではないだろうか。素朴な味がする普通のエッグワッフルだけではなく、写真のような抹茶味・バナナ・チョコレート・小豆・コーヒーなど、あらゆるものが揃っているので、何度でも通って色々と試したくなる。また、こちらのエッグワッフルは、とてもしっとりして柔らかくもちもちした弾力がある。

勿論この2店舗以外にも多くの店が存在するが、最近ではSNS効果なのか見栄えのする品もどんどん登場している。エッグワッフルの中にバラの形のアイスを挟んだり、エッグワッフルの丸いぽこぽこした部分がハートや星の形になっている店も出てきている。これからもどんどん進化をしていくのではないだろうか。ストリートフードを試して歩くのも楽しみの一つ。まずは気軽に買えて味も日本人に馴染みがあるエッグワッフル(雞蛋仔)を試してはいかがだろうか。(提供/フライメディア)

※株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、撮影コーディネーションサービスをご提供している会社です。 本日御紹介した「ストリートフードエッグワッフル」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

http://flymedia.co.jp/

関連記事

いよいよ始まる月餅商戦!今年はどんな月餅が人気?

中秋節の前には香港中が月餅商戦で盛り上がる。例年早いところだと6月中から月餅の予約受付を開始し始め、この数年若者や外国人にも歓迎される「今どきの」凝った月餅が増えてきている。今回はそんな変わり種の月餅の一部をご紹介したい。

Record China
2019年7月17日 19時0分
続きを読む

日本の「出前一丁」、香港で独自の発展を遂げる

香港のお土産の定番の一つに「出前一丁」がある。出前一丁というのは日本の日清食品が販売しているインスタント麺のこと。ただしここ香港ではこの出前一丁が独自に進化をして、今では香港を訪れる人は誰でも知っているほどの定番食・定番土産となっているのである。

フライメディア
2019年6月20日 11時40分
続きを読む

ランキング