離婚調停をしたのはソン・ヘギョだった!?暴露された「奇襲式調停申請」に中国ネットは「ひどすぎる」

配信日時:2019年7月23日(火) 18時50分
離婚調停をしたのはソン・ヘギョだった!?中国ネットは「ひどすぎる」
画像ID  1111313
台湾メディア・ETtodayの22日付の記事によると、ある韓国人記者がYouTube上に「離婚調停を先に提案したのはソン・ジュンギではなく、ソン・ヘギョだった」と暴露する動画を公開した。写真はソン・ヘギョとソン・ジュンギ。
台湾メディア・ETtodayの22日付の記事によると、ある韓国人記者がYouTube(ユーチューブ)上に「離婚調停を先に提案したのはソン・ジュンギではなく、ソン・ヘギョだった」と暴露する動画を公開した。

中華圏でも大ヒットした2015年のドラマ、「太陽の末裔」で俳優ソン・ジュンギと共演したソン・ヘギョは、これをきっかけに交際をスタートさせて17年10月に結婚。しかし先月26日にソン・ジュンギが離婚調停を申請したことが明らかになった。そして期日の7月22日、調停が結ばれ離婚が成立した。

これまで、「離婚請求をするのは基本的に離婚の責任がない側」という認識から、「今回の離婚の原因はソン・ヘギョにあるのではないか」とささやかれていたが、韓国のエンタメ記者の金(キム)氏が21日、自身のYouTubeチャンネルにこの説を覆す暴露動画を公開した。

金氏は、「独自に取材した結果、離婚協議を円満に済ませようと離婚調停の申請を初めに持ちかけたのは、実はソン・ヘギョの方だったことが分かった。にもかかわらずソン・ジュンギは、いきなり家庭裁判所に出向いて申請を済ませてしまった上に、弁護士を通してメディアに自分たちの離婚を大々的に報じさせた。さらに、彼の出したコメントには『現在は傷心している』という言葉が含まれていたために、ソン・ヘギョに関するさまざまな憶測が飛び交った」「具体的に、ソン・ヘギョはかつて共演したパク・ボゴムと不倫したのではないかなどとうわさされたが、どれも真実ではない。2人はどちらも一方に非があったとは発言していないが、それは円満に離婚調停を成立させるためだった」などと話した。

金氏はさらに、「確かにソン・ヘギョには恋愛関係のゴシップが多い。しかし、だからといってソン・ジュンギには何のスキャンダルもないと言えるだろうか?。私が記者として働いている間、ソン・ジュンギの女性関係の話も何度も耳にした。もし2人の間に違いがあるとするなら、それは、恋愛関係が『明るみに出ているかどうか』だけではないだろうか」と指摘した。

金氏の一連の発言は、中国でも複数のメディアが「ソン・ジュンギの『奇襲式』調停申請」などと報じており、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)では一時、関連ワードが検索キーワードランキングの上位に登場した。中国のネットユーザーからは、「これが本当なら、悪者はソン・ジュンギの方だったってこと?」「だとしたら、ソン・ジュンギのしたことはひどすぎないか?」「1カ月間も矢面に立たされたソン・ヘギョが本当に気の毒」といったコメントが寄せられている。(翻訳・編集/岩谷)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事