中国大手航空機メーカーが開発中のステルス艦載機―中国メディア

配信日時:2019年7月24日(水) 0時20分
中国大手航空機メーカーが開発中のステルス艦載機―中国メディア
画像ID  1111240
22日、新浪軍事は、中国の大手航空機メーカーが新型空母の艦載機候補となるステルス戦闘機の開発に力を注いでいると報じた。写真はJ20。
2019年7月22日、新浪軍事は、中国の大手航空機メーカーが新型空母の艦載機候補となるステルス戦闘機の開発に力を注いでいると報じた。

記事は、中国国内のメディアが流した情報として「成都航空航天公司のエンジニアが現在J-20戦闘機の艦載機バージョンの開発に取り組んでおり、新型空母の電磁式カタパルトに対応できるよう改良が進められている」と紹介するとともに、同社のライバルである瀋陽飛機廠のFC-31戦闘機についても艦載機バージョンの改良が行われていると伝えた。中国軍関係者によると、2つのメーカーは現在激しい開発競争を繰り広げており、機体の長さの縮小、空母のカタパルトシステムとの組み合わせが最大の課題になっているという。

また、性能面ではJ-20の方が優れているという見方が出ているものの、中国海軍はいずれにも長所と短所があることから、どちらを艦載機にするかは明らかにしていないと説明。成都航空航天公司は現在22メートルである機体の長さを縮めたF-20の開発に取り組んでいるものの、機体の長さではFC-31が17メートルと優位に立っているとした。

一方で、FC-31にも明らかな欠点があり、武器の搭載量がJ-20よりも少ないことを指摘。また、J-20にはすでに空軍で2年余りの飛行経験の蓄積があることから、海軍の空母に移植するうえで技術的な問題点は少ないとした。

記事は、新しい空母が2021年に進水し23年に海軍に引き渡されるとの見方が一般的であるとしたうえで、どちらの戦闘機が選ばれるにしても今年末までには艦載機が公衆の面前にお目見えすることになると予測。また、「喜ばしい技術的な突破もある」とし、FC-31もJ-20も新型ターボエンジンの開発が進んでおり、3~4年後に空母艦載機として登場するころにはロシア製エンジンではなく、自前の強力なエンジンを搭載することができそうだと伝えている。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Gak***** | (2019/07/24 03:19)

    陸上機と艦載機では、機体の要求強度がまるで違う。 艦載機を陸上機に改造するならば未だしも、其の逆は不可能と言って良い…自力発艦なら可能性は有るが、カタパルト射出では絶望的だ(機体が千切れてしまう可能性大)。 既存の機首や翼を流用する事を前提とした、新規開発に等しい…故に、開発期間は長くなり、実用化時には既に時代遅れな代物に成り果てているだろう。 新型エンジンも一朝一夕に完成するとは、考え難い…航空ショーの時の様に黒煙を吐いて居ては、ステルスも台無しだ。 如何なる飛行状態に於いても、燃料を完全燃焼させてジェット排気を無色化する技術は、非常に高度、且つ微妙なのだ…手にした時点で、エンジン自体が旧式化している可能性が高い。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事