Record China

ヘッドライン:

外観は本物と見分けがつかず…偽石けん工場が摘発される=ネット「こんなの氷山の一角」「そもそも本物なんてあるのか?」―中国

配信日時:2019年7月21日(日) 22時10分
拡大
20日、新京報は、中国で偽石けん工場が摘発されたと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

2019年7月20日、新京報は、中国で偽石けん工場が摘発されたと伝えた。

記事によると、重慶警察は18日、偽日用品製造の通報に基づき捜査した結果、広東省にある偽石けん製造工場を突き止め摘発した。警察によると、工場の設備は非常に整っており、30トン以上の原材料や半製品のほか、SafeguardやLUXブランドの箱を大量に押収した。金額にして2億5000万元(約40億円)になるという。

警察によると、生産工程は非常に粗悪で、染料は乱雑に置かれていてとても汚かったという。本物の石けんと比べると、偽石けんは鼻をつくようなにおいがするが、外側の箱を見ても本物か偽物かは見分けがつかないという。また江蘇衛視の報道によると、偽石けんを長期間にわたって使用すると、脱毛や皮膚アレルギーなどが生じる可能性があるという。

これに対し、中国のネットユーザーから「こんなの氷山の一角だ」「どうすれば偽物を買わずにすむかを教えてほしい」「地方都市では本物なんて売ってないと思う」「そもそも本物なんてあるのか」などのコメントが寄せられた。

また、「偽物が横行しているからね。どんな偽物だってあるよ」「さっき使ったばかりだ…。安心して体を洗うこともできないな」「以前に偽物を使ったことがある。全然泡が立たず使い物にならなかった」というユーザーもいて、中国では日用品でも偽物が氾濫しているようだ。(翻訳・編集/山中)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国に偽ケンタッキー出現、その名も…

中国の偽ケンタッキーが話題となっている。ケンタッキーフライドチキンは中国語で「肯徳基」だが、この店は「肯徳堡」、日本語読みするならば「ケンタッポー」となるだろうか。

Record China
2019年7月9日 18時20分
続きを読む

日本ブランドの脱毛クリーム、中国の通販サイトで偽物が出回る=販売元が注意を喚起

自社ブランド化粧品の運営や企画、販売を行っているアドシーム(本社・大阪市)は、自社ブランドの「セシルマイア インバスリムーバー(除毛クリーム)」について、中国の通販サイトで模倣品が流通していると発表し、健康被害の可能性も危惧しているとして、注意を呼び掛けた。

Record China
2019年5月23日 6時40分
続きを読む

ランキング