Record China

ヘッドライン:

韓国の日本車オーナーは大変?“生き残るため”のある工夫が話題に

配信日時:2019年8月1日(木) 0時20分
拡大
26日、日本の輸出規制措置により韓国で反日感情が高まる中、韓国のインターネット掲示板に「レクサスオーナーの生き残るためのあがき」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーが注目している。写真はソウル。

2019年7月26日、日本の輸出規制措置により韓国で反日感情が高まる中、韓国のインターネット掲示板に「レクサスオーナーの生き残るためのあがき」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーが注目している。

スレッド主は韓国の道路に駐車してあるレクサス車の写真を掲載しているが、違和感がある。写真をよく見ると、レクサス車のロゴ部分にはなんと上から韓国メーカー・起亜自動車のロゴ「KIA」のプリントされた紙が貼り付けられている。スレッド主は「最近ではドライブレコーダーに映った違反車両が日本車だった場合、必ず通報されるらしい」とも書き込んでおり、このレクサス車のオーナーはその「対策」をしたようだ。

他のネットユーザーからは一番に「まずは通報だね」とのコメントが寄せられ、それに対し「何の違反で通報すべき?」「レクサスなのに、起亜車にして国民の心をだました罪?」「商標偽装でしょ」などさまざまな意見が寄せられている。

この他「誠意が見えるね」「俺の車も変えなきゃ」などの声も上がっている。(翻訳・編集/松村)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング