ソウル中心に登場した「No Japan」の旗、国民から抗議で撤去=韓国ネット「国民の顔に泥」「日本はNo Koreanなんてしない」

配信日時:2019年8月7日(水) 13時20分
ソウル中心に登場した「No Japan」の旗、国民から抗議で撤去
画像ID  1110612
6日、韓国・聯合ニュースは「日本の経済報復に対して地方自治体がさまざまな対応に取り組む中、ソウル中区が掲げた『No Japan』の旗が撤去された」と報じた。写真はソウル。
2019年8月6日、韓国・聯合ニュースは「日本の経済報復に対して地方自治体がさまざまな対応に取り組む中、ソウル中区が掲げた『No Japan』の旗が撤去された」と報じた。

記事によると、中区は同日午前、東和免税店とソウル駅間の世宗大路の一部区間に「No(Boycott)Japan:行きません。買いません」と書かれた旗50枚余りを設置した。当初は同日夜に722枚を設置し、計1100枚を設置する計画だったが日程が繰り上げられたという。

しかしその後、中区役所ホームページの「区長に望む」および「生活不便申告」コーナーには「旗を撤去してほしい」という要求が相次いだ。前日の5日には大統領府の国民請願掲示板にも「ソウルのど真ん中にNo Japan旗を設置する計画を中止してほしい」というコメントも寄せられており、1万3000人以上が支持を表明していたという。

その後、同区のソ・ヤンホ区長はSNSで「旗を撤去することにする。日本政府の経済報復に国民と共に対応するという趣旨だったが、思いがけずご心配をお掛けして申し訳ない」と謝罪し、「中区役所の旗が日本政府と日本国民を同一視し、日本国民に不要な誤解を与えかねないという懸念と、不買運動を国民の自発的領域として残すべきという批判を謙虚に受け止める」と書き込んだという。

これを受け、韓国のネット上では「(旗を掲げるなんて)情けないったらありゃしない。国民の顔に泥を塗ってくれた」「反対する人が多かったのになんで設置したの?」「やるなら税金じゃなくて私費でしなよ」「日韓のけんかが大人と子どものけんかみたいになる。日本ではNo Koreanなんてしてないでしょ」「国民や住民、国などは眼中になく、ただショーをやることしか考えてないからこんなことをする」などこちらにも容赦ない非難コメントが寄せられている。また「外交を感情的に行なう政権」「文大統領がいなければ日本と戦う必要もないのに」「反日で国民の心をつかもうとしてる」といった政権批判も目立っている。(翻訳・編集/松村)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 16

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • yu0***** | (2019/08/09 21:43)

    「嘘と捏造をしても…平気な国民性」 「強請りたかりは、当たり前…」 「平気で論点のすり替え……責任転嫁…」 「反日教育で、洗脳された国民」 「感謝も謝罪も知らない国家国民…」 ・竹島の不法占拠  ・日本海呼称問題  ・歴史教科書問題 ・知的財産権侵害問題 ・靖国問題 ・嘘と捏造の慰安婦問題 ・仏像盗難事件 ・韓国による日本海への毒劇物の廃棄問題 ・韓国併合合法不法論争 ・レーダー照射事件  ・天皇陛下への謝罪要求  ・慰安婦合意の一方的な破棄  ・海上自衛隊の日章旗問題 ・日本産水産物等の輸入規制 ・BTSの原爆Tシャツ事件 ・1965年の日韓請求権協定の反故  ・元応募工に対する大法院による異常判決  こんな国とは、縁を切った方が 日本の将来のためだ… この国とのくだらない事で… 政治家と日本国民が苛立ちと共に 時間と金を無駄に浪費するだけだ! 国交断絶が、現在の最善策だ!
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 賢龍帝***** | (2019/08/08 19:50)

    何はともあれ韓国にも真面な考えの人もいると言う事は良い事だと思います 早く自由に自分の意見を言える国になれることを願っています。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • DRO***** | (2019/08/08 12:35)

    >日本政府と日本国民を同一視 ? 日本政府をボイコット旗で、十分じゃない。w 意味不明のメンタル。歴史もこんな調子の捏造、戦争傍観国?。w 東京都並のお金規模の国と言われるけど、 在郷の「おらが村」意識程度だよ。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事