韓国企画財政部次官「“アベノミクス”は今、韓国に衝撃を与えている」―中国メディア

Record China    2013年6月8日(土) 18時25分

拡大

7日、和訊網は記事「韓国企画財政部次官:“アベノミクス”は今、韓国に衝撃を与えている」を掲載した。円安により日本と競合する韓国製造業が打撃を受けるほか、ホットマネーの流入で韓国経済を混乱させる可能性もあると懸念している。資料写真。

(1 / 2 枚)

2013年6月7日、和訊網は記事「韓国企画財政部次官:“アベノミクス”は今、韓国に衝撃を与えている」を掲載した。

その他の写真

韓国企画財政部の申斉潤(シン・ジェユン)次官は先日、アベノミクスが韓国経済にとって大問題であると発言した。アベノミクスは2つのルートから韓国の経済、貿易、金融に影響を与えるという。第一のルートは円安により日本の製造業が有利になり、競合する韓国の製造業が脅威にさらされる点だ。携帯電話、造船といった日本と競合する産業分野が衝撃を受けているほか、韓国の中小企業にも同様の問題があるという。

第二の問題は異次元緩和が韓国へのホットマネー流入を促す点だ。日本の低金利で借りた金がホットマネーとなって韓国の債券市場に投資され、ウォン高につながると指摘した。また、ホットマネーが撤退する時に新たなリスクが生じる可能性もあると懸念を示している。(翻訳・編集/KT)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携