京アニ社長、以前から脅迫メール届いていたこと明かす 京アニ放火事件 

配信日時:2019年7月19日(金) 17時20分
京アニ社長、以前から脅迫メール届いていたこと明かす 京アニ放火事件 
画像ID  1110338
日本時間18日に発生したアニメ制作会社「京都アニメーション」(京アニ)の第1スタジオの放火事件は同日夜の時点で33人の死亡と36人の負傷が確認された。
日本時間18日に発生したアニメ制作会社「京都アニメーション」(京アニ)の第1スタジオの放火事件は同日夜の時点で33人の死亡と36人の負傷が確認された。人民日報と海外網が報じた。

その他の写真

現地メディアの統計によると、日本でこれほどの規模の犠牲者が出た放火事件は実に19年ぶりとなるとしている。

火災が発生したのは、18日午前10時半ごろ。火災発生時、付近の住民の多くが大きな爆発音を耳にしていた。外に出てみると、京アニのビルの両側から、黒い煙がもうもうと噴き出していた。火災発生当時、3階建てのビルの中では約70人の社員が仕事をしていたとみられている。

午後3時ごろ、火災は鎮圧された。放火したとみられる男は、警察に身柄を確保され、顔と胸に火傷を負い、京都市内の病院に搬送された。この男は、京アニの社員ではなく、以前に同社で働いていたこともなかった。

京アニの八田英明社長によると、同社は以前から脅迫メールが届いていたという。また今回の放火事件が起きる前にも公式サイト上に会社を脅迫する内容の投稿があった。八田社長は、「常に脅迫があったと言うわけではないが、『死ね』や『殺す』などの言葉が書かれた複数のメールは受け取っていた」としている。

また、八田社長は、「今回の放火事件に対しては、弁護士に連絡を取り、厳しい態度で対応したい。火災現場は、弊社にとって核となる場所だった」と続けた。

京アニの制作スタジオは、地上3階建て、面積は約700平方メートル。今回の火災で1階から3階まで全焼した。日本メディアの報道によると、放火事件が起きた京アニは1981年に設立し、従業員は約160人。これまでに「涼宮ハルヒの憂鬱」などの有名アニメ作品を制作している。(編集KM)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 仙田 ***** | (2019/07/19 17:28)

    脅迫メールが頻繁に届いていた時点で、警察に届け出てセキュリティを厳重にするなどの手を打っていなかったのだろうか?或いは警察に届け出ていたが放置されていたのだろうか?こんな最悪の事態になる前に何らかの手が打てなかったのかともどかしくて腹立たしい気持ちである、自分が腹を立てても意味が無いのは分かっているが
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事