Record China

ヘッドライン:

岩井俊二、京アニ放火犯を「命をちりあくたのように扱った」と非難

配信日時:2019年7月19日(金) 16時30分
拡大
1/2枚
日本の京都市にあるアニメ制作会社「京都アニメーション」の第1スタジオで現地時間18日、火災が発生した。現時点で、この火災により多くの負傷者が出ており、33人が死亡している。18日夜、日本の映画監督である岩井俊二氏は微博(ウェイボー)で、「私たちクリエイターが働く場所が標的となった。人の命をちりあくたのように扱った。道義上許されない」と放火犯を非難した。

その他の写真

中国のネットユーザーも、「本当につらい!」、「こんなひどいことをするヤツは人間失格だ」、「本当につらいし悲しい。亡くなった方々の冥福をお祈りします!」といった憤懣やるかたないコメントを次々と寄せている。

京都アニメーションは日本のアニメ制作会社で、1981年に設立され、2003年から独自にアニメを制作している。十数年来、同社は「らき☆すた」や「けいおん!」、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」、「境界の彼方」など多くの有名な作品を生み出しており、これらの作品は中国のアニメファンからも愛されている。(編集AK)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング