Record China

ヘッドライン:

日本への鬱憤が原因?ソウルの日本大使館前で車が炎上―韓国

配信日時:2019年7月19日(金) 12時0分
拡大
19日、韓国ソウルの日本大使館前で、運転手が自ら火を放ったとみられる車両火災が起きた。写真はソウルの日本大使館。

2019年7月19日、韓国ソウルの日本大使館前で、運転手が自ら火を放ったとみられる車両火災が起きた。中国メディア・海外網が韓国メディアの報道として伝えた。

記事によると、警察と消防は78歳のこの男性が日本大使館が入居するビル前の歩道に車を止めた後、車内で火をつけたとみている。車内からはガスボンベやガソリンがみつかっており、全身にやけどを負った男は病院に搬送された。男性は車で日本大使館に向かうことを電話で友人に告げていたそうだ。

記事は「男性の妻の父親は強制徴用被害者だ」と述べ、警察が「日本は徴用工訴訟に反撃するために対韓輸出規制を発動した。男性は鬱憤(うっぷん)を晴らすためにこうした行為に及んだ」との見方をしていることを伝えた。(翻訳・編集/野谷

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング