京都市の「京アニ」火災で13人の死亡を確認、現場で刃物も発見

配信日時:2019年7月18日(木) 20時20分
画像ID 
日本現地時間の18日午前、京都市伏見区桃山町因幡にあるアニメ制作会社「京都アニメーション」で火災が発生した。日本の「共同通信」によると、この火災で少なくとも13人の死亡が確認された。また、警察は現場で刃物を発見したことも明らかにしている。中国新聞網が伝えた。

「朝日新聞」は、京都市消防局からの情報として、この火災で少なくとも死亡1人、心肺停止12人、重症10人、中等症6人、軽症20人が出ているとしている。また京都府警によると、数人が死亡しているとの情報があり、現在確認が進められている。

京都府警は、ガソリンのような液体をまいた男(41)をすでに確保している。この男も負傷していたため、病院に搬送された。男は、「(建物の)1階で液体をまいて火をつけた」と話しており、府警は放火事件とみて捜査を進めている。

出火当時、建物の中では70人以上が働いていたとみられている。現場では刃物も発見されたが、これがこの男のものかどうかは現在のところまだわかっていない。(編集TG)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<