「南沙の生命線」戦闘27年、海軍補給艦が栄誉ある退役

配信日時:2019年7月18日(木) 21時40分
「南沙の生命線」戦闘27年、海軍補給艦が栄誉ある退役
画像ID  1110025
7月15日午前、湛江の某軍港に紅旗が翻り、軍歌が高らかに響き渡った。中国海軍の総合補給艦「鏡泊湖」の退役式が盛大に行われ、某作戦支援艦支隊の将兵らが見送った。
7月15日午前、湛江の某軍港に紅旗が翻り、軍歌が高らかに響き渡った。中国海軍の総合補給艦「鏡泊湖」の退役式が盛大に行われ、某作戦支援艦支隊の将兵らが見送った。南中国海の補給の最前線で27年間戦ってきた「老将軍」の正式な退役だ。新華網が伝えた。

904型総合補給艦「鏡泊湖」は、中国第一世代の島・礁補給艦で、上海求新造船所(現在は江南造船所に合併)が建造した。1991年5月に進水し、1993年3月に就役。「雲倉」号と命名され、艦号は「南運952船」だった。2002年8月に「鏡泊湖」と命名され、艦号は「884」になった。(編集NA)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事