中国、2018年に新たに確認された石油の埋蔵量9億5900万トン―中国メディア

配信日時:2019年7月19日(金) 16時40分
中国、2018年に新たに確認された石油の埋蔵量9億5900万トン
画像ID  1110236
昨年、中国の石油・天然ガスの確認された埋蔵量が下げ止まりした。新たに1億トン級油田が1カ所、1000億立方メートル級ガス田が3カ所、1000億立方メートル級シェールガス田が1カ所見つかった。写真はペトロチャイナ。
自然資源部が15日に明らかにしたところによると、昨年、中国の石油・天然ガスの確認された埋蔵量が下げ止まりした。新たに1億トン級油田が1カ所、1000億立方メートル級ガス田が3カ所、1000億立方メートル級シェールガス田が1カ所見つかった。経済日報が伝えた。

自然資源部が同日発表した2018年全国石油・天然ガス資源探査・開発状況報告によると、昨年中国で新たに確認された石油の埋蔵量は前年比9.4%増の9億5900万トン。うち新たに確認された石油の埋蔵量が1億トン以上の盆地は、オルドス盆地、渤海湾盆地(陸上)、ジュンガル盆地の3カ所。1億トン以上の油田はオルドス盆地の合水油田の1カ所。

天然ガスの新たに確認された埋蔵量は49.7%増の8311億5700万立方メートル。うち新たに確認された埋蔵量が1000億立方メートル以上の盆地は、オルドス盆地とタリム盆地の2カ所。1000億立方メートル以上のガス田は、オルドス盆地の蘇里格ガス田と米脂ガス田、タリム盆地の克拉蘇ガス田の3カ所。

報告によると、中国の石油・天然ガスの生産量は安定的に増加している。昨年の全国石油生産量は1.2%減の1億8900万トン。生産量が1000万トン以上の盆地は渤海湾(海域含む)、松遼盆地、オルドス盆地、ジュンガル盆地、タリム盆地、珠江口盆地。合計1億7600万トンで、全国の92.8%を占めた。

全国の天然ガス生産量は前年同期比6.4%増の1415億1200万立方メートル。うち30億立方メートル以上の盆地は、オルドス盆地、四川盆地、タリム盆地、ツァイダム盆地、松遼盆地、珠江口盆地。合計1263億4600万立方メートルで、全国の89.3%を占めた。(提供/人民網日本語版・編集/YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事