日本で少女像展示が中止に、韓国の制作者が批判「まるで軍事独裁政権」=韓国ネット「日本には表現の自由がない」

配信日時:2019年8月5日(月) 14時20分
「日本には表現の自由ない」「軍事独裁政権」=少女像展示中止に韓国で批判
画像ID  1109904
愛知県で開催中の「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由・その後」に出品された慰安婦少女像の展示が中止されたことを受け、少女像を制作した韓国人アーティストのキム・ウンソンさんが心境を語った。写真は韓国の慰安婦追悼碑。
愛知県で開催中の「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由・その後」に出品された慰安婦を象徴する少女像について、愛知県は「脅迫や抗議があった。円滑な運営のための決断」として3日限りで展示中止を決定した。これを受け、少女像を制作した韓国人アーティストのキム・ウンソンさんが韓国・ニュース1に心境を語った。

ニュース1の5日付けの記事によると、キムさんは「実行委員側の説明と異なり、展示会場で日本人たちは成熟した態度で(少女像を)観覧していた」とし、「(慰安婦問題に対して)心から謝罪したり、涙を流して少女像を抱きしめたりするなど、作品を丁寧に見て共感してくれた」説明した。その上で「警備の人数も多く、本当に脅迫を受けたのなら警察を呼ぶか、脅迫した人を探し出してテロ犯として通報すれば済むこと。何の努力もせずに展示を中止するのは理解できない」と指摘。さらに「個人的には彼らが計画した手順を踏んだように思える」とし、「総監督は少女像がこういう作品だと知りつつ展示を決めたのに、自民党所属の極右政治家らの圧迫に屈服した」と主張した。

また、主催者側は「一方的に展示中止を知らせてきた」といい、これについてキムさんは「軍事独裁政権で行われていたようなことが起きた。日本は文化芸術を愛好し、礼儀正しい社会だと思っていたが、今回の行為によりそうでないことが反証された」と批判したという。

これを見た韓国のネットユーザーからも「日本は民主主義国と言えない」「日本には表現の自由というものがないようだ」「日本は独裁国家レベルにまで落ちてしまった」「日本は今の現実をよく見るべき。これが日本人の誇る日本なの?」「良心のない社会は滅びる」など厳しい声が上がっている。

一方で「反日をあおるのはもうやめて。日本植民地時代の被害者は慰安婦だけじゃない」「慰安婦像を使って日韓関係を壊そうとしないで。未来のために」など、少女像の展示に否定的な意見も寄せられている。(翻訳・編集/堂本
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 27

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • DRO***** | (2019/08/17 01:41)

    親日派財産没収法やってる韓国には、思想信条の自由が保障されて無い。 >軍事独裁政権で行われていたようなこと 戦後も、軍事独裁政権は、半島のお家芸だ。 おまエラに、言われる筋合いは、全くない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 仙田 ***** | (2019/08/07 07:38)

    しかしあの忌まわしい展示会が中止になったにも関わらず、愛知県庁や名古屋市役所には脅迫の電話やメールが大量に届いているそうである、あんな事を企んだ津田大介や背後にいる「反日極左のチョウヒ新聞」こと朝日新聞やそれを承認した愛知県知事大村秀章は最低であるが、このような執拗な言葉の暴力を繰り返している連中は「表現や言論の自由」を蹂躙しているという点で、「反日極左のチョウヒ新聞」こと朝日新聞や津田大介と「同じ穴の狢」である事を自覚すべきである、情けないが愛知県は幼稚で恥ずかしい連中ばかりである
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 仙田 ***** | (2019/08/06 19:46)

    余談であるが、昔あった「みなしごハッチ」という名作アニメを覚えてみえる方はおいでになるだろうか、母親を亡くした(実は生きていた)蜜蜂の子供が母親を探してさすらい歩き、最終回で母と再会する涙を絞られる珠玉の名作であるが、タイトルと主題歌と作中に「みなしご」と言う言葉が出てくるので現在の基準では放送出来ないし、DVDソフトとしても販売出来ない、昔懐かしい名作に2度とお目に掛かれないのは寂しい限りである、この首謀者の津田大介や後ろ楯の「反日極左のチョウヒ新聞」こと朝日新聞は、公共の場所で野蛮な国の如何わしいプロパガンダをするくらいならこういった本当のタブーにこそ斬り込むべきである、恐らくこの手の馬鹿左翼に限ってこうした作品がリリースされたりすると「親のない子供対する差別である」と大騒ぎするのであろう、「表現を不自由にしている」のはどちらだ?と言いたい!
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事