日韓の「温度差」、どちらがより懸念しているかを反映―中国メディア

配信日時:2019年7月18日(木) 15時50分
日韓の「温度差」、どちらがより懸念しているかを反映―中国メディア
画像ID  1109821
中国中央テレビ(CCTV)は18日、日本が韓国に対する半導体材料の輸出規制を強化した問題で、参院選の前に転機が訪れる可能性は低いと報じた。資料写真。
中国中央テレビ(CCTV)は18日、日本が韓国に対する半導体材料の輸出規制を強化した問題で、参院選の前に転機が訪れる可能性は低いと報じた。

韓国の洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政相は17日、日本に対して措置を撤回するよう改めて要請。また、日本への依存度が高い半導体材料の国産化を進める総合対策を準備中であることを併せて発表した。韓国は、23~24日に開かれる世界貿易機関(WTO)の理事会で取り上げる見通しだ。

CCTVは「韓国が繰り返し日本に措置の撤回を求めているのに対し、日本の反応は冷ややかだ。双方のこの“温度差”は、どちらがより現状を懸念しているかを反映している」とする一方で、「日本の措置は、長期的には世界のサプライチェーンにマイナスの影響をもたらすとの指摘が日本の業界関係者からも出ている」とし、「半導体メモリーの分野で、韓国は50~70%の市場シェアを持っており、スマートフォンやパソコン、電子設備に広く用いられている。韓国の部品の供給に問題が発生すれば、世界中の関連企業が影響を受けることになる」と続けた。

CCTV記者は、「この問題自体が敏感であるのと同時に、時期的にも敏感だ」とし、21日に投開票が行われる参院選に言及。「日本政府は科学技術における優位な立場を、韓国に圧力をかけるためのカードに変えた。このカードを切った理由が有権者の支持集めであることは明らか。つまり、参院選の前には日韓の問題に転機が訪れる可能性は小さいということだ」とレポートした。(翻訳・編集/北田
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 12

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2019/07/27 05:00)

    日本政府も韓国政府の対応に悩まされている事だろう。 ホワイト国とは、日本から送られた物資管理をその国が確りしていると認めた国で韓国大統領は、3年以上物資の管理が出来ていない。 日本は韓国が管理できないまま物資の横流しが有っては日本政府自体が世界から無能なかな国に物資を送るなと叱られてしまう事を懸念している。 そこで韓国の無能さを日本が管理する事でカバーしてあげようとする。 つまり其れがホワイト国から除外するという事。 ホワイト国で無くなったら、日本は韓国で必要量を調べて必要量のみを韓国に送る。 韓国政府は、自分達が管理能力が無い事を指摘されて憤慨しているが、日本政府が管理してあげると言っている事を今度はどんな勘違いしているのだろう。 今日本政府から韓国に求められている事は、物資の管理の徹底であって、泣いても怒っても無意味だと何故分からない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 謎のお***** | (2019/07/20 08:00)

    いや、何で韓国如きの扱い方が日本の国政選挙に影響するんだ? 中国じゃ道端の石コロをどうするかを共産党本部で議題にするのかな?
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Ken***** | (2019/07/19 11:31)

    あれっもしかして韓国の躍進って日本のホワイト国指定なしでは成り立たない話だったの?
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事