日韓メディア、米国務次官補の発言めぐる報道に「ズレ」

配信日時:2019年7月18日(木) 10時40分
日韓メディア、米国務次官補の発言めぐる報道に「ズレ」
画像ID  1109803
スティルウェル米国務次官補が17日、ソウルで康京和外相らと会談した後に記者に対して語った内容について、日本と韓国の主要メディアで報じ方に微妙なずれがあるようだ。資料写真。
スティルウェル米国務次官補が17日、ソウルで康京和(カン・ギョンファ)外相らと会談した後に記者に対して語った内容について、日本と韓国の主要メディアで報じ方に微妙なずれがあるようだ。

スティルウェル氏は、日韓の対立について「米国は解決に向けた努力を支援する」とする一方、「基本的には日本と韓国がこの敏感な問題を解決すべきで、早急に解決策を探ってほしい」との認識を示した。

この発言について、産経新聞が「文政権版の対米“告げ口外交”振るわず 仲介の確約取れず」、毎日新聞が「スティルウェル米国務次官補 日韓関係仲介、示さず ソウルで会談」との見出しで米国の仲介を否定的に伝えたのに対し、韓国・聯合ニュースは「米次官補『韓日対立の解決努力支援』」、中央日報は「米国務省次官補『韓日問題の解決を支援、早急に解決法を探ってほしい』」と報じた。記事本文で「基本的に日本と韓国が解決すべき」との部分は伝えているものの、「米国の支援」を強調した形だ。

韓国の報道では、スティルウェル氏と会談した尹淳九(ユン・スング)外務次官補と金鉉宗(キム・ヒョンジョン)国家安保室第2次長がそれぞれ、「スティルウェル氏は米国も対話の再開を通じ、問題解決を支援するよう努力していくと話した」「韓国の立場を詳しく説明した。スティルウェル氏はこの問題の深刻さを十分に理解した」と述べたことも伝えられている。

なお、NHKの報道を基にした中国メディアの海外網の記事は「日韓輸出管理問題がこじれる、米国:自分たちで解決せよ」と伝えたのに対し、聯合ニュースの報道を基にした米華字メディアの多維新聞は「米国務次官補:日韓の問題の解決を全力で支援」と伝えている。(翻訳・編集/北田
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 7

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ちゅる***** | (2019/07/18 11:55)

    韓国人は誰かの言動のうち自分に都合の良いところだけをつまんで装飾して増幅する。 その結果「そんなこと言ってない」になるのだが、当の韓国報道は一切気にしないのである。 まったく無責任にもほどがある。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • sya***** | (2019/07/18 11:53)

    韓国及び韓国人は、中国人と同じく何でもかんでも我田引水に理解するおめでたい人種なのだ。故に、何時も自分たちに都合の良い方向に結び付けて行く。いつも主観的で、客観的な捉え方はない。どんな段階の人間でもそうだ。 今、韓国との事でごたごたしているが、韓国より中国の性悪さにも気を付けないといけない。 中国も韓国と同じような問題が起これば、もっと性悪だろう。 こだわるのは、選挙のない国は信用できないし、信用してはいけない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 真実の***** | (2019/07/18 11:46)

    今の段階で韓国は大騒ぎだ。まだ、日本は制裁も報復もしてないって言ってんのに。 日本企業に実害が出たら、本当の制裁、報復をやるから、韓国は楽しみに待っててね。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事