Record China

ヘッドライン:

秦行宮遺跡博物館がテスト運営の無料一般開放

配信日時:2019年7月18日(木) 10時30分
河北省秦皇島市北戴河区にある秦行宮遺跡では、秦の始皇帝による4回目の巡幸の歴史を垣間見ることができる。光明日報が伝えた。

人々から注目を集めている秦行宮遺跡博物館は16日、市民や観光客に向けて無料一般開放され、正式開館に向けたテスト運営の段階に入った。この2000年以上昔の遺跡の神秘のベールが取り払われようとしている。

北戴河秦行宮遺跡の敷地面積は約2ヘクタールで、中国の「第7次五カ年計画(86-90年)」期間における考古学上の十大新発見の一つ。1986年から91年にかけて考古学調査チームが発掘した遺跡面積は1万5800平方メートルに達し、4大グループ・14ユニットの宮殿建築跡を発見し、中から大量の建築部材と多くの文化財が出土した。96年、同遺跡は国の重要文化財保護対象に指定されている。秦行宮遺跡の発見は、秦皇島という中国国内で唯一、皇帝の名がついた都市名の由来を確かなものとした。

北戴河秦行宮遺跡博物館の敷地面積は約0.67ヘクタールで、主体建築面積は6640平方メートル、京津冀(北京市・天津市・河北省)地区で現在までに発見された中で唯一、完全な形で残っている秦行宮遺跡。この博物館を訪れれば、戦いに明け暮れた古代の様子や仙人を求めた神秘的な文化を体感し、東巡を行った秦の始皇帝の壮大な気概に想いを馳せ、そして青銅器などに施された精巧な匠の技を楽しむことができる。(編集TG)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング